NFT

NFTを始める初期費用|ガス代と手数料の目安金額は?

NFT売買を始めるのに、お金はかかるの?
どのくらいの初期費用が必要なの?

目安金額を教えて!

というお悩みを解決します。

 

この記事では、世界最大のNFTマーケットプレイス「OpenSea」でNFT作品を売買する場合の、

本記事でお伝えすること

  • NFTを買うときの初期費用
  • NFTを売るときの初期費用
  • 初期費用を安くするコツ

を解説します。

 

※これから初めてOpenSeaを使う方は、まず関連記事『OpenSeaの始め方・使い方』をご確認ください。

 

 

この記事を読めば、NFT取引を始めるときに必要な初期費用の「おおよその目安金額」がわかります。

NFT売買を始めてみたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

上手にNFT取引を始めるコツ

NFT取引には、仮想通貨が必要です。

事前に仮想通貨口座を作っておくと、スムーズにNFT取引を開始できます。

【無料】コインチェックに登録

※国内大手コインチェックでは、無料で口座開設できます

※最短5分で申請完了&翌日からNFT取引が開始できます

いまがチャンス!

コインチェック2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン

なんと!!!

今だけコインチェックで口座開設&入金をすると、もれなく2,500円分のビットコインがもらえる得なキャンペーン中です!

ビットコインをもらって得したい方は、お早めの口座開設をおすすめします。

こばん
キャンペーン条件の入金は、金額を問いません。

たった「1円」の入金でも「2,500円」分のビットコインが必ずもらえるので、本当にお得ですね。

>>>キャンペーンにエントリーする

※コインチェック公式サイトに移動します

※無料口座開設&入金で自動的にエントリー完了できます

※NFTで稼ぐ仕組みやコツを知りたい方は、関連記事『NFTでの稼ぎ方』をお読みください。

 

【本題の前に】NFTを始める初期費用は変動するもの

本題に入る前に、大前提をお伝えします。

 

それは、

NFTを始めるための初期費用は、

変動するもの。

だということです。

 

NFT売買に伴い発生する費用には、

NFTを始めるときの初期費用

  • 送金手数料
  • ガス代

がありますが、ともに日本円で「1回○○円」と決められているものではありません。

 

送金手数料は「1回あたり○○ETH」などと仮想通貨ベース(単位)で決められている場合が多いです。

※送金手数料金は、利用する仮想通貨取引所により異なります。

 

この場合、送金手数料は仮想通貨ETH(イーサ/イーサリアム)の価格と連動して随時変動します。

こばん
仮想通貨の価格は24時間365日変動し続けるので、送金手数料も同じく変動し続けることになりますね。

 

またガス代は、ネットワークのトランザクション(取引)混雑状況にも影響され、秒単位で価格が変動します。

ガス代(GAS FEE)とは

ガス代とは、ネットワーク利用料です。

イーサリアムなどのブロックチェーンネットワークを使うときは、ネットワーク利用にかかる手数料として、ユーザーはガス代を支払う義務があります。

 

送金手数料とガス代は両方とも、つねに変動するものなのです。

そのため「NFTの初期費用は○○円ポッキリです」といった金額の確定は、誰にもできません。

 

そのためこの記事では、2022年3月現在までの直近の動向をもとに「おおよその目安金額」だけをお伝えします。

 

あなたがNFTを始めるときにかかる初期費用は、あなたが実際に取引するタイミング次第で決定します。

この記事でお伝えする目安金額から、多少上下する可能性があることをご了承ください。

こばん
ではこの後、本題に入っていきますね。

※OpenSeaでのNFTの買い方(購入手順)を知りたい方はまず、関連記事『OpenSeaでのNFTの買い方』をお読みください。

 

【本題①】NFTを買うときの初期費用は6〜9千円

OpenSeaでNFTを買うときに必要な初期費用の目安は、「6~9千円前後」です。

 

内訳は、

NFT購入時の初期費用内訳

  1. コインチェックからメタマスクへの送金手数料:目安2~3千円
  2. ETHからWETHへの交換時のガス代:目安2~3千円
  3. NFT購入時のガス代:目安2~3千円

※購入するNFT作品の代金を除く。

 

コインチェックからメタマスクへの送金手数料:目安2〜3千円

NFTを購入するにはまず、仮想通貨取引所から仮想通貨ウォレットへ、購入代金となる仮想通貨の送金が必要です。

 

NFT購入にもっとも多く利用される仮想通貨は、「ETH(イーサ/イーサリアム)」です。

国内大手の取引所「コインチェック」からイーサリアム公式ウォレット「メタマスク」に送金する場合、0.005ETHの出金手数料がかかります。

 

【コインチェックの送金手数料】

コインチェック送金手数料

コインチェック公式サイト

 

1ETHが40~60万円だとすると、0.005ETH=2~3千円となります。

こばん
送金の度に毎回かかります。

何度も取引する予定なら、まとめて送金しておくと手数料の節約になります。

 

参考

メタマスク(MetaMask)については、以下の記事で詳しく解説しています。

参考記事:メタマスクとは?|使い方と送金方法を解説【はじめての方むけ】

 

ETHからWETHへの交換時のガス代:目安2~3千円

OpenSeaでNFTを購入する場合、「ETH」ではなく「WETH」を使います。

WETHとは

WETH(wRTH)とは、「Wrapped ETH」(ラップされたイーサ)のことです。

イーサリアムネットワークの基軸通貨であるETHは、そのままでは他のトークン(仮想通貨やNFT作品)と直接交換ができません。

ETHに服を着せて(=ラップして)、他のトークンと交換できる状態にしたETHのことを、WETHと言います。

交換比率は「1ETH=1WETH」の固定レートとなっていて、何度でも交換できます。

 

ETHからWETHへの交換は、OpenSea内でできます。

交換の度に、ガス代が2~3千円程度かかります。

 

NFT取引をするには、毎回WETHが必要になります。

送金手数料と同様、何度も継続的に取引する予定の方は、ある程度まとめて交換しておくとガス代が節約できます。

 

NFT購入時のガス代:目安2~3千円

NFTを購入する際にも、ガス代が発生する場合があります。

 

OpenSeaでは、

  • Buy now = 固定価格で購入注文
  • Make offter = 指値(さしね)注文

の2通りから注文方法を選べます。(以下画面参照)

 

(OpenSeaの購入画面)

「Make offer」では、購入希望価格を指定でき、相手(出品者)が承諾した場合のみ注文が成立します。

このオファー注文の場合には、ガス代はかかりません。

 

反対に「Buy now」では、出品者が決めた固定価格での購入希望を出せます。

この固定価格で買う場合には、ガス代が発生します。

 

このガス代は、ネットワークの混み具合によって変動しますが、2022年3月時点だとおおむね2~3千円が目安です。

 

以上がNFTを買うときに発生する初期費用です。

NFT購入時の初期費用内訳

  1. コインチェックからメタマスクへの送金手数料:目安2~3千円
  2. ETHからWETHへの交換時のガス代:目安2~3千円
  3. NFT購入時のガス代:目安2~3千円

を合計した「6~9千円」が目安金額になります。

※購入するNFT作品の代金を除く。

 

【本題②】NFTを売るときの初期費用は1万5千〜2万円

OpenSeaでNFTを売るときに必要な初期費用の目安は、「1万5千~2万円前後」です。

 

内訳は、

NFT購入時の初期費用内訳

  1. コインチェックからメタマスクへの送金手数料:目安2~3千円
  2. 初回出品時のガス代:目安1万~1万5千円
  3. 購入オファーを承諾するときのガス代:2~3千円
  4. 【補足】NFTが売れると販売手数料(2.5%)が発生する

 

コインチェックからメタマスクへの送金手数料:目安2~3千円

NFTを買うときと同様に、NFTを売るときにも仮想通貨取引所からウォレットへの送金が必要です。

このあと解説するガス代の支払いに必要になるからです。

 

コインチェックでETHを送金する場合、送金手数料は1回あたり0.005ETH(2~3千円程度)です。

※NFTを買うときと同じです。

 

初回出品時のガス代:目安1万~1万5千円

OpenSeaでは、はじめて作品を出品するときにガス代が発生します。

 

これはウォレットの初期化などにネットワークを利用するためで、「初回のみ」に発生する費用です。

2回目以降の出品時には、この費用はかかりません。

 

初回出品時のガス代は、およそ1~1万5千円です。

 

購入オファーを承諾するときのガス代:2~3千円

OpenSeaでは、出品したNFT作品を売るとき(買い手からの購入オファーを受け入れるとき)に、ガス代が必要になります。

 

このときのガス代は、およそ2~3千円です。

 

【補足】NFTが売れると販売手数料(2.5%)が発生する

さいごに補足です。

 

OpenSeaでNFT作品を売却したとき、販売手数料(作品売却代金の2.5%)をOpenSeaに支払う必要があります。

 

たとえば10万円相当のNFT作品の売却に成功した場合、2,500円の販売手数料がかかります。

こばん
この販売手数料が支払えないと、NFT作品の売却手続きは完了できません。

残高不足で売却不成立にならないよう、ウォレットには少し多めに入金しておくと安心ですね。

 

以上、NFTを売るときの初期費用でした。

 

NFT売却時の初期費用内訳

  1. コインチェックからメタマスクへの送金手数料:目安2~3千円
  2. 初回出品時のガス代:目安1~1万5千円
  3. 購入オファーを承諾するときのガス代:2~3千円
  4. 【補足】NFTが売れると販売手数料(2.5%)が発生する

を合計した「1万5千~2万円(+販売手数料)」が目安金額になります。

 

参考

ここまで解説してきたのは、「最低限必要な初期費用」です。

これ以外にも「販売設定のキャンセル」や「作品の無償配布」などをするには、追加でガス代が発生することに要注意です。

「どんなときに追加でガス代がかかるの?」という疑問を解消したい方は、以下の記事をお読みください。

OpenSeaでガス代が発生するタイミング|安くするコツも大公開

続きを見る

 

【本題③】ガス代を安くするコツ

ガス代を安くするコツは、以下の4つあります。

ガス代を安くするコツ

  1. 安い時期・時間帯に取引する
  2. 安い瞬間に取引する
  3. 安いネットワークを使う
  4. 低速にする

 

安い時期・時間に取引する

ガス代節約の1つ目のコツは、ガス代が安いタイミングで取引することです。

 

ガス代は、ネットワークの混雑状況や為替により、秒単位で変動します。

イーサリアムのガス代は、ETH GAS STATION で確認できます。

 

ETH GAS STATIONでのガス代確認方法

「Gas Price 」の数値を見てください。(上記赤枠部分)

 

おおまかな目安としては、

  • 20~40:ガス代が安い時期
  • 150~300:ガス代が高い時期

といった感じです。

 

ネットワーク混雑の状況は、曜日(平日 or 休日)や時間帯によって変わります。

こばん
上記画面は、日本時間で「平日」の「午前11時頃」です。 ※2022年3月

比較的安いことがわかりますね。

 

なるべく利用者が少なくネットワークが空いているタイミングを狙えば、ガス代を安く済ませられます。

実際にNFT取引をするまで時間があるなら、ガス代が安いタイミングを下調べしておくと良いでしょう。

 

安い瞬間に取引する

ガス代節約の2つ目のコツは、ガス代が安い瞬間に取引することです。

 

先ほどお伝えの通り、ガス代は「秒単位」で変動します。

数秒待つだけで数%~数十%、金額にして数千~1万円ほど上下することもあります。

 

OpenSeaでの取引決済時には、以下のようなメタマスク画面が開きます。

OpenSeaでのガス代確認画面

この画面で「確認」ボタンを押さずに、2~3分待ってみましょう。

ガス代の数字が、随時変動することがわかるはずです。

 

少し様子を見てみて、ある程度の相場に目安をつけましょう。

そして、安くなったタイミングで「確認」ボタンを押せばOKです。

 

これだけの工夫で、ガス代を安く済ませられます。

時間に余裕のある方は、ぜひお試しください。

 

安いネットワークを使う

ガス代節約の3つ目のコツは、ガス代が安いネットワークを使うことです。

 

OpenSeaでは、

  • Ethereum(イーサリアム)
  • Polygon(ポリゴン)
  • Klaytn(クレイトン)

の3つのブロックチェーンネットワーク上にあるNFT作品を取引(売買)できます。

 

作品の検索画面では、左側サイドバーで使用するチェーンの切り替えができます。(以下、赤枠部分)

 

イーサリアムに比べて、ポリゴンはガス代が安く済みます。

なぜならOpenSeaでの出品時にかかるガス代が、以下のようにイーサリアムとは異なるからです。

※スマホ閲覧の方は、表を横にスクロールできます

イーサリアムポリゴン
はじめて作品を出品するとき不要
購入オファーを受けいれるとき
作品データをIPFSに保存するとき不要
作品を無償配布するとき不要
販売設定をキャンセルするとき

表を見てわかるように、ポリゴンなら、はじめての出品時や作品データのIPFS保存、作品の無償配布時にはガス代がかかりません。

 

ポリゴンを使えば、出品・販売時のガス代を支払う回数が減り、ガス代を節約できるのです。

ガス代を節約したいなら、ポリゴンの利用を検討しましょう。

 

参考

ポリゴンを利用するにはまず、ポリゴンをウォレットと接続する準備が必要です。

以下の記事で解説しています。

メタマスクをポリゴンに接続する方法|画像付きでわかりやすく解説

続きを見る

 

低速にする

さいごに、ガス代節約の4つ目のコツは、低速にして取引を行うことです。

 

取引を行う際、メタマスクの設定を低速に変えることで、取引速度が遅くなる代わりにガス代が少し下がります。

 

やり方は簡単です。

決済時にメタマスクが起動しガス代を確認する画面で、下記赤枠の編集をクリックします。

メタマスク低速設定

すると取引速度を「Low」、「Medium」、「High」の3種類から選べます。

メタマスク低速設定

Lowにするとガス代を少し抑えることができます。

 

節約できる金額はごくわずかですが、「塵も積もれば山となる」です。

頻繁に売買取引をする方は、ぜひ実践してみてください。

 

以上、ガス代を安くするコツ(4つ)です。

 

よくある質問

ここからは、初心者の方からよくある質問にお答えします。

ここまで解説してきた内容も含めて、改めてポイントごとに説明します。

 

NFTの制作に費用はかかる?

いいえ。無料で作ることもできます。

 

NFTアート作品の制作費用は、完全無料で済ませることが可能です。

以下の記事で紹介している無料アプリを利用すれば、タダでピクセルアート(ドット絵)やイラストアート作品が制作できます。

NFTアートの作り方|おすすめアプリ・ソフト5選【2022年最新】

続きを見る

 

PCがあれば便利なのはもちろんのこと、スマホやタブレットでも十分です。

興味ある方はぜひお試しください。

こばん
制作費が無料なら、この記事で解説した出品・売却にかかる初期費用(目安は1万5千~2万円)の初期費用さえあればOKですね。

 

NFTゲームは初期費用なしで稼げる?

いいえ。

NFTゲームで稼ぎたいなら、無課金では難しいです。

ある程度の初期投資をする覚悟を持つことをおすすめします。

 

NFTゲームの中には、まずゲームを始めるときに課金が必須のものがあります。

たとえばAxie Infinity(アクシー・インフィニティ)の場合、ゲームスタート時に3体のキャラクター購入が必要なので、無課金では遊ぶことすらできません。

 

また無料(無課金)でも遊べるゲームはありますが、どのNFTゲームでも早く効率的に稼げるようになるには、強いキャラクターやアイテムの購入が必須の場合が多いです。

大人気サッカーカードゲームのSorareなどは、その典型例です。

有名・人気選手のカードを購入する初期投資をしないと、稼ぐのは大変むずかしいです。

 

NFTゲームで稼ぎたい方は、この記事で解説した初期費用(送金手数料、ガス代)に加えて、ゲーム内で課金する費用も必要なことを心得ておきましょう。

 

 

現在のガス代の調べ方は?

イーサリアムのガス代は、複数サイトで調べられます。

 

前述した、ETH GAS STATION のほかにも、Ethereum Gas Price Chart などがあります。

これらのサイトを見れば、リアルタイムでイーサリアムのガス代を確認できます。

 

それぞれ画面の見やすさや操作性に好みがあると思います。

比べてみて、気に入った方を使えばOKです。

 

ガス代が安い時間はいつ?

つねに変動するため、わかりません。

 

イーサリアムのガス代の価格変動は、時期や時間帯により大きく変わります。

また高くなったり安くなったりする傾向は、直近と1年前とを比較しても異なった動きを見せます。

 

その時々で違う価格変動をするため、「こんな時が安くて狙い目です!」とは言いにくいのが現状です。

 

世界中で利用されているため、日本人の利用者が少ないタイミング(平日のお昼前後など)が安いという訳でもありません。

時差のある外国ではたくさんのユーザーが利用して、ネットワークが混雑している可能性があるからです。

 

ガス代が安い時間に取引するには、直近(数日~数週間)の価格動向をみて分析するのが、もっとも確実性が高い方法です。

こばん
ガス代節約には、少し面倒ですが手間をかけるしかありませんね。

 

以上、よくある質問への回答です。

 

さいごに(NFTの始め方)

世界最大のNFTマーケットプレイス「OpenSea」を利用すれば、誰でもかんたんにNFT売買を始められます。

 

この記事を読んでおおよその初期費用の規模感を掴めたなら、さっそくNFT取引をしてみましょう!

 

NFT取引は、

NFTの始め方

  1. コインチェックの口座開設
  2. メタマスクの導入と送金
  3. OpenSeaに登録

の3つの手順で始められます。

 

上記1のコインチェックでの口座開設さえ済ませば、あとは意外なほど簡単です。

コインチェック

【無料】コインチェックに登録

いまがチャンス!

コインチェック2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン

なんと!!!

今だけコインチェックで口座開設&入金をすると、もれなく2,500円分のビットコインがもらえる得なキャンペーン中です!

ビットコインをもらって得したい方は、お早めの口座開設をおすすめします。

こばん
キャンペーン条件の入金は、金額を問いません。

たった「1円」の入金でも「2,500円」分のビットコインが必ずもらえるので、本当にお得ですね。

>>>キャンペーンにエントリーする

※コインチェック公式サイトに移動します

※無料口座開設&入金で自動的にエントリー完了できます

 

コインチェックの口座開設手順は、以下の記事を参考にしてください。

【無料】コインチェックで口座開設する手順(かんたん4ステップ)

続きを見る

 

また口座開設後は、以下の記事内容に従って作業すればOKです。

OpenSeaの始め方・使い方(登録~出品・購入)【完全ガイド】

続きを見る

 

これであなたも今日からNFT投資家またはNFTクリエイターデビューができます。

 

NFTに少しでも興味がある方は、ぜひトライしてみてくださいね!

 

上手にNFT取引を始めるコツ

NFT取引を始める第一歩は、仮想通貨口座の開設です。

口座開設~取引開始には、本人確認の手続き等に数日かかる場合もあります。

先に口座開設の申請だけは済ませ、口座開設完了までの待ち時間に、その他の手順を進めておくと効率的です。

【無料】コインチェックに登録

※国内大手コインチェックなら、無料で口座開設できます

※登録申請は最短5分で完了します

 

参考

  • コインチェックの評判は?
  • メリットやデメリットは?

という疑問のある方は、口座開設前に以下の記事をお読みください。

コインチェックの評判は?6つのメリットと3つのデメリットを徹底解説

続きを見る

 

今回は以上です。

 

あわせて読みたい①

NFTとは?|仕組み・将来性・始め方をわかりやすく解説

続きを見る

NFTアートの使い道5選|何に使うの?という疑問を解決します

続きを見る

NFTの稼ぎ方|始め方から稼ぐコツまで徹底解説【初心者むけ】

続きを見る

NFTが売れない5つの理由|失敗確率を下げる7つのコツを大公開

続きを見る

30日間無料で仮想通貨・NFTを勉強する方法|おすすめ本も紹介

続きを見る

 

あわせて読みたい②

OpenSeaでNFTアートを出品・販売する方法|初心者でもかんたん!

続きを見る

NFTの買い方|OpenSeaでNFTを買う手順を初心者むけに解説

続きを見る

OpenSeaの英語を日本語化する方法|Googleアプリでかんたん!

続きを見る

\ この記事が気に入ったらフォロー /

コインチェック
  • この記事を書いた人

こばん

【経歴】横浜国大卒(小学校教員免許取得)▶︎FP3級、簿記2級取得▶︎株や仮想通貨など金融投資歴は15年以上|お金の専門知識を小学生にもわかるようやさしく解説するのが特技|妻と娘2人と東京で暮らす37歳の副業サラリーマンです

-NFT
-,

© 2022 Crypto Begin