NFT

メタマスクをポリゴンに接続する方法|画像付きでわかりやすく解説

ポリゴンネットワークを使ってみたいけど、やり方がわからない。
ポリゴンを使い始めるための手順を教えて!

こんなお悩みを解決します。

 

この記事では、MetaMask(メタマスク)をPolygon(ポリゴン:Matic mainnet)に接続する方法を解説します。

 

参考:メタマスクについて

メタマスクは、初期設定ではイーサリアムメインネットに接続されています。

本記事でこのあと解説する方法を使うことで、イーサリアム以外のネットワークをメタマスクに追加することができます。

※メタマスクをまだPCにインストールしていない方は、まずインストールを済ませておいて下さい。インストール手順は、関連記事『メタマスクの使い方』を参照ください。

 

こばん
ポリゴンを使えば、イーサリアムを使う場合より圧倒的に安い手数料でNFT取引ができます。

お得にNFTを売買して稼ぎたい方は、ぜひポリゴンの使い方をマスターしましょう。

※ポリゴンを使うと手数料が安くなる理由は、関連記事『OpenSeaでガス代を安くするコツ』で解説しています。

\ NFT取引をはじめるなら! /

【無料】コインチェックに登録する

※登録に一切お金はかかりません

※最短5分で申請完了&翌日からNFT取引が開始できます

NFTの買い方はこちらで詳しく解説しています

※NFTで稼ぐ仕組みやコツを知りたい方は、関連記事『NFTでの稼ぎ方』をお読みください。

※コインチェックについて詳しく知りたい方は、関連記事『コインチェックの評判・特徴(メリットとデメリット)』にお進みください。

 

メタマスクをポリゴンに接続する方法

メタマスクをポリゴンに接続する方法は、以下の4ステップです。

接続までの4ステップ

  1. メタマスクを開く
  2. ネットワークを追加する
  3. ネットワーク情報を入力する
  4. ネットワークを確認する

このあと順番に、画像付きで解説します。

また最後にトークンの追加方法も解説しますので、参考にしてみてください。

 

STEP①:メタマスクを開く

メタマスクを開く

まずはメタマスクをひらきましょう。

パソコンの画面右上にある拡張機能マークをクリックして「MetaMask」を選択します。

 

メタマスクにパスワードを入力

パスワードを入力して「ロック解除」ボタンをクリックします。

※前回ログイン時から一定時間が経っていない場合には、パスワード入力画面は出ません。

そのままログインして先に進んでOKです。

 

STEP②:ネットワークを追加する

メタマスクのネットワークを選択

メタマスクがひらいたら、きつねマークの右側にある文字列の下矢印をクリックします。

 

ネットワークを追加する

 

下方にある「ネットワークの追加」を選択します。

 

STEP③:ネットワーク情報を入力する

ネットワーク情報の入力フォーム

空欄にネットワーク情報を入力していきましょう。

 

入力する情報は、以下の通りです。

そのままコピペして使ってください。

入力するネットワーク情報

  • ネットワーク名:Matic mainnet
  • 新規RPC URL:https://polygon-rpc.com
  • チェーンID:137
  • 通貨記号:MATIC
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://polygonscan.com/

 

ネットワーク情報を入力する

コピペ入力完了後は、上記画像とまったく同じになっているはずです。

内容を確認したら「保存」ボタンを押します。

 

STEP④:ネットワークを確認する

ネットワーク確認

PCブラウザに戻って、右上の拡張機能からメタマスクを再度開きます。

きつねマークの右側にある文字列が「Matic mainnet」と表示されていれば接続完了しています。

お疲れ様でした!

 

上記の画面が表示されない場合は、以下の手順で操作してください。

ネットワークを選択

きつねマークの右側にある『イーサリアムメインネット』の下矢印をクリックします。

 

Matic mainnetを選択

ネットワークのなかに「Matic mainnet」と表示されていればOKです。

 

この画面では、メタマスクを接続するチェーンを選択(切り替え)できます。

今どのチェーンに接続しているか?は、きつねマークの右側にある文字列をみて判断します。

Matic mainnet接続中の状態

 

上記のように、きつねマークの右側の文字列が「Matic mainnet」となっているときは、メタマスクがポリゴンと接続されている状態です。

イーサリアムメインネットと接続しなおしたい場合は「Matic mainnet」の右側にある下矢印をクリックして「イーサリアムメインネット」を選択し直せばOKです。

 

以上、ここまでがメタマスクをポリゴンに接続する方法です。

 

参考

ポリゴンに接続できれば、イーサリアムに比べて圧倒的に安い手数料でNFT取引ができます。

NFTで稼ぎたい方は、以下の記事も参考にしてください。

NFTの稼ぎ方|始め方から稼ぐコツまで徹底解説【初心者むけ】

続きを見る

\ NFT取引をはじめるなら! /

【無料】コインチェックに登録する

※登録に一切お金はかかりません

※最短5分で申請完了&翌日からNFT取引が開始できます

NFTの買い方はこちらで詳しく解説しています

 

おまけ:メタマスクにトークンを追加する

さいごに、メタマスクにトークンを追加する方法も紹介します。

こばん
今回はMMT(マナブ・メルマガ・トークン)を追加してみましょう。

 

Import tokensをクリック

メタマスクをひらき、きつねマークの右側にある文字列が「Matic mainnet」になっていることを確認します。

そのあと、下にある「Import tokens」をクリックします。

 

トークンコントラクトアドレスを入力

トークンコントラクトアドレスを入力していきます。

 

トークンコントラクトアドレスはトークンごとに違います。

今回はMMTのトークンコントラクトアドレスを入力したいので、以下をコピペします。

MMTのアドレス

0x2a4f377e0bb3f7c38024140d6bd750ed948b7d9b

 

トークンを追加する

トークンコントラクトアドレスが入力できたら、「Add custom Token」ボタンをクリックします。

 

トークンをインポートする

メタマスクに表示させたいトークンがでてきたら、「Import Tokens」ボタンをクリックします。

 

トークンが追加されたか確認

メタマスクのはじめの画面に戻って「MMT」トークンが表示されていればOKです。

無事にメタマスクにトークンが追加されました。

 

メタマスクにMMT送金完了

なおトークン追加の設定後、実際にトークンを入手すると上記のように表示されます。

 

今回は以上です。

\ この記事が気に入ったらフォロー /

 

あわせて読みたい(NFT関連記事)

NFTの基礎知識を習得したい方へ

NFTとは?|仕組み・将来性・始め方をわかりやすく解説

続きを見る

NFTを売りたい方へ

OpenSeaでNFTアートを出品・販売する方法|初心者でもかんたん!

続きを見る

NFTを買いたい方へ

NFTの買い方|OpenSeaでNFTを買う手順を初心者むけに解説

続きを見る

NFTの使い道を知りたい方へ

NFTアートの使い道5選|何に使うの?という疑問を解決します

続きを見る

NFTゲームで稼ぎたい方へ

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)で稼ぐ方法|おすすめ最新ゲーム10選を紹介

続きを見る

NFTアートを作りたい方へ

NFTアートの作り方|おすすめアプリ・ソフト5選【2022年最新】

続きを見る

 

関連記事

ポリゴンを使いこなせば、いま話題のNFTやメタバースでコストを抑えて効率的にお金を稼ぐことができるようになります!

 

NFTやメタバースでお金を稼ぎたい方は、

・関連記事『NFTでの稼ぎ方

・関連記事『メタバースのやり方・始め方

もお読みください。

コインチェック
  • この記事を書いた人

こばん

【経歴】横浜国大卒(小学校教員免許取得)▶︎FP3級、簿記2級取得▶︎株や仮想通貨など金融投資歴は15年以上|お金の専門知識を小学生にもわかるようやさしく解説するのが特技|妻と娘2人と東京で暮らす37歳の副業サラリーマンです

-NFT
-

© 2022 Crypto Begin