NFT

NFTアートの作り方|おすすめスマホアプリ・ソフト5選【2022年最新】

NFTアート作品をつくって販売してみたい。
どうすればつくれるの?

初心者でもNFTアートが簡単につくれるスマホアプリやソフトを教えて!

というお悩みを解決します。

 

この記事では、NFTアート(クリプトアート)が作れるおすすめのアプリやソフトを紹介します。

NFTアートとは

NFTアートとは、デジタルアートにNFTの技術を組み合わせた、アート作品の一種です。

NFT(非代替性トークン)の仕組みには暗号資産データを管理するブロックチェーン技術が使われているため、「クリプト(Crypto/暗号)アート」とも呼ばれます。

 

記事内では、

ピクセルアート(ドット絵)を作る方むけに、

ピクセルアート制作におすすめ

  1. 8bit painter
  2. Dottable
  3. Pixelable

※アプリ・ソフト名をタップすると、解説箇所に飛べます

イラストアートを作る方むけに、

イラスト制作におすすめの

  1. Ibis Paint X
  2. Illustrator

※アプリ・ソフト名をタップすると、解説箇所に飛べます

の合計5つの厳選スマホアプリ・ソフトを紹介します。

ご自分のつくってみたい作風にあわせて、好きなものから使ってみてください。

 

NFTは、今まさに波が来ている市場です。

時代の波に乗って稼ぎたい方は、ぜひこの記事を参考にNFTアート制作に挑戦してみてください。

\ 無料&5分程度で登録完了 /

【無料】コインチェックに登録する

※NFT取引には仮想通貨口座が必要です

※コインチェック口座は【無料】で開設できます

※最短5分で申請完了&翌日からNFT取引が開始できます

コインチェック公式サイトより口座開設できます

 

※NFTアートを作れるようになると、NFTやメタバースの領域で稼げるようになります。

NFTで稼ぐ仕組みやコツを知りたい方は、関連記事『NFTでの稼ぎ方』をお読みください。

メタバースで稼ぎたい方は、関連記事『メタバースのやり方・始め方』を参照ください。

 

NFTアートが作れるスマホアプリ・ソフト5選

ひと言でNFTアートといっても、その形態はさまざまです。

画像、写真、動画、音楽など、あらゆるデータがNFTアート作品になり得ます。

 

このうち今回は、「画像」作品に絞ってNFTアートをつくれるアプリ・ソフトを紹介します。

 

NFT画像アートの作風を大きく2つに分けると、以下です。

  • ピクセルアート(ドット絵)
  • イラストアート

それぞれの作風ごとに、この後、おすすめのアプリ・ソフトを紹介していきます。

 

ピクセルアート作品がつくれるアプリ3選

ピクセルアート(ドット絵)の代表作は、「Crypto Punks」(クリプトパンクス)です。

クリプトパンクスとは?

クリプトパンクス(Crypto Punks)の作品画像

クリプトパンクスとは、Larva Labsが2017年に発表したNFTアートコレクションです。

24✕24ピクセルのデジタルキャラクター画像が10,000個存在しています。

それぞれユニークなデザインで、同じものは全くありません。

 

クリプトパンクスは、NFTアートの先駆け的存在です。

そのため、NFTアートと言えばこのクリプトパンクスのようなピクセルアートを思い浮かべる人は多いでしょう。

 

また2021年夏に話題となった日本の小学生3年生が制作し1品数百万円で取引されたNFTアートも、ドット(点)を使ったピクセルアートです。

 

このようなピクセルアート作品は、以下の3つのアプリでつくれます。

 

8bit painter

8bit painter

8bit painter(8ビット・ペインター)は、ドット絵を作りたい方におすすめです。

無料でダウンロードできて、誰でもかんたんにドット絵を作ることができます。

 

8bit Painter

8bit Painter

Takayuki Miyagawa無料posted withアプリーチ

 

Dottable

Dottable

Dottable(ドッタブル)は、非常にかんたんな操作でドット絵がつくれるアプリです。

こちらも無料でダウンロードできます。

Dottableなら、スキマ時間でもササっとアート作品がつくれます。

ドット絵エディタ - Dottable

ドット絵エディタ - Dottable

Yosuke Seki無料posted withアプリーチ

 

Pixelable

Pixelable

Pixelable(ピクセラブル)は、動くドット絵を作れるアプリです。

こちらも無料です。

動きのある躍動感ある作品を作ってみたい方は、こちらを利用してみましょう。

Pixelable - ドット絵エディター

Pixelable - ドット絵エディター

Yosuke Seki無料posted withアプリーチ

 

以上がピクセルアートを描けるアプリです。

 

ピクセルアートは、絵が苦手な人でもOKというメリットがあります。

ドット絵ならば、繊細なデッサンやイラストの力量は関係ありません。

初心者や子どもでも、センス次第で一流のクリエイターと互角に戦える可能性だってあります。

 

ぜひ無料アプリをダウンロードして、ピクセルアート制作に挑戦してみましょう。

 

イラストアート作品がつくれるアプリ・ソフト2選

イラストアートの代表作は、BAYC(ビーエーワイシーまたはベイシー/Bored Ape Yacht Club)です。

ビーエーワイシーとは?

BAYC(Bored Ape Yacht Club)の作品画像

ビーエーワイシーは、Yuga Labsが2021年に発表したNFTアートコレクションです。

アバターとして描かれたサルは、目からレーザーを照射していたり、ヒョウ柄になっていたり、葉巻を吸っていたりと、独特な装いが特徴的です。

それぞれのNFTは表情、髪型、服装、背景色などがすべて異なっており、どれも唯一無二のものです。

参照:BAYCコレクション

 

見ての通り、ピクセルアート(ドット絵)とは異なり、なめらかな曲線で描かれています。

 

イラストアートの制作方法は手作業の他、プログラミングコードを組み込んでランダムに自動生成する方法などもあります。

そのため、NFTイラストアート作品の完成イメージ(作風・画風)は非常にバラエティに富んでいます。

 

このようなイラストアートを制作するには、以下2つのアプリ・ソフトを使ってください。

 

Ibis Paint X

Ibis Paint X

Ibis Paint X(アイビス・ペイントX)は、イラストを描けるアプリです。

無料でダウンロードできて、スマホでもタブレットでも利用できます。

操作がかんたんで使いやすいので、絵に自信のある初心者におすすめです。

アイビスペイントX

アイビスペイントX

ibis inc.無料posted withアプリーチ

 

Illustrator

Illustrator

Illustrator(イラストレーター)は、定番の画像編集ソフトです。

 

デザイン関連の仕事をしている方なら、まず間違いなく知っている or 使ったことがあるはずです。

プロが使うソフトだけに、慣れるまで操作が難しい面はありますが、本格的な画像がつくれるメリットがあります。

 

こちらは有料です。

月2千円程度の料金がかかります。

>>>Illustrator料金ページはこちら

 

公式サイトからは、7日間無料体験が申し込めます。

購入を迷う方は、まず無料お試しから始めましょう。

 

なお、Illustratorにはアプリもあります。

スマホやタブレットでも利用できます。

Adobe Illustrator: グラフィックデザイン

Adobe Illustrator: グラフィックデザイン

Adobe Inc.無料posted withアプリーチ

こばん
同様に定番の画像編集ソフト「Photoshop」(フォトショップ)でも、NFTイラストアートを制作できます。

フォトショップはピクセル画像を取り扱うため、ドット絵の作成・加工にも向いています。

IllustratorとPhotoshopは、どちらでも本格的なアート作品が作成可能なので、各自、使いやすい方のソフトを選べばOKです。

>>>Photoshopの料金ページはこちら

 

以上が、イラストアートをつくれるおすすめアプリ・ソフトです。

 

イラストアートは、プロのクリエイターや絵に自信がある方が力を発揮しやすい領域です。

腕に自信のある方はぜひ、NFTイラストアート制作に挑戦してみましょう。

 

【番外編】イラストに自信がない人でもNFTアートを作る方法

イラストを描くのが苦手な方でも、NFTアートを作って販売することはできます。

 

ここでは、プロのクリエイターでなくてもクオリティの高いNFT作品をつくる方法を2つ紹介します。

こばん
どちらも1,000円前後ではじめられます。

ぜひお試し感覚でトライしてみましょう♪

 

方法①:外注する

1つ目は、NFTアート作品の制作を「外注」する方法です。

 

イラストの外注をするなら、おすすめは国内最大のスキルマーケット「ココナラ」です。

coconala(ココナラ)

ココナラなら、スマホ1台でかんたんにプロのイラストレーターさんとつながれます。

 

ココナラの公式サイトで「NFT イラスト」と検索すると、たくさんのイラスト制作者の方がリストアップされます。

制作にかかる料金は数千~数万円です。

【ココナラでの「NFT イラスト」キーワード検索結果画面】

ココナラ検索画面

こばん
クリエイターによって価格設定はさまざまです。

 

あなたの求める画風やご予算に合うイラスト制作者(NFT界隈では「絵師」と呼ぶ)を探してみましょう。

ココナラに登録(無料)すれば、すぐに検索できます。

>>>無料でココナラに登録する

参考

ココナラで制作を依頼する手順は、以下の関連記事『ココナラでつくったNFTアートをOpenSeaで売る方法』で詳しく解説していますので参考にしてください。

coconala(ココナラ)
絵が描けなくても大丈夫!ココナラを使ってNFTアートを制作・販売する方法

続きを見る

 

方法②:画像生成ツールを使う

2つ目は、アート作品画像をつくれるツールを使うことです。

 

キーワードを打ちこむだけでAIが自動で画像生成してくれるツール「Midjourney」(ミッド・ジャーニー)なら、だれでもハイクオリティな画像が制作できます。

 

Midjourneyは有料プランに加入すれば、商用利用OKです。

有料プランは月10ドル(約1,400円)からあるので、費用負担も少なくて済みます。

 

Midjourneyをうまく活用すれば、絵の素人でもNFTコレクションを運営できます。

詳しい手順は以下『Midjourneyの画像をNFTで販売する方法|商用利用の注意点も解説!』で解説していますので参考にしてください。

Midjourneyの画像をNFTで販売する方法|商用利用の注意点も解説!

続きを見る

 

つくったNFTアートを出品してみよう!

さて、あなたのお気に入りのNFTアート作品が完成したら、さっそく出品してみましょう!

 

NFTアート作品を取引する市場(NFTマーケットプレイス)に作品を出品することで、世界中の人にあなたのアート作品を知ってもらうことができます。

そして価値を認められれば、高く売れることもあるのです。

 

NFTアート作品を出品する手順は、以下です。

※ここではもっとも代表的な方法を紹介します。

NFTアートを出品する手順

【事前準備】

  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. MetaMaskウォレット作成
  3. OpenSeaアカウント登録

【OpenSeaでの出品の流れ】

  1. コレクションを作成
  2. アイテムを登録
  3. アイテムを出品
  4. オファーの承認
  5. ロイヤリティ支払いの確認
MetaMaskとかOpenSeaって何?

たくさん手順があって、けっこう大変そう...。自分にできるかな?

と思った方もいるかもしれませんが、心配無用です。

 

以下の記事では、用語解説を含めNFTの出品手順を40枚の画像を用いてやさしく解説しています。

この記事内容に従って作業すれば、誰でもNFT出品までたどり着けるはずです。

OpenSeaでNFTアートを出品・販売する方法|初心者でもかんたん!

続きを見る

 

この記事で紹介したアプリ・ソフトを使えば、誰でもかんたんにNFTアートをつくることができます。

NFTアートの市場は、子どもから大人まで、そして素人からプロまで、みんな参加可能なマーケットなのです。

 

NFTアートに少しでも興味がある方は、まずは1つ作品をつくって売ってみましょう。

そして、素晴らしい作品をつくったら、ぜひ出品まで挑戦してみてください!

 

NFTアート取引には仮想通貨口座が必要です。

国内大手のコインチェックで【無料】の口座開設をしてから、NFTアートの世界を楽しみましょう。

【無料】コインチェックに登録する

※登録に一切お金はかかりません

※最短5分で申請完了&翌日からNFT取引が開始できます

コインチェック公式サイトより口座開設できます

 

おすすめの参考記事①

  • コインチェックってどんな会社?
  • メリットやデメリットは?
  • 口コミ・評判を知りたい!

という方は、

コインチェックの評判は?6つのメリットと3つのデメリットを徹底解説

続きを見る

をご確認ください。

 

おすすめの参考記事②

「コインチェック以外の取引所も気になる!」という方は、こちらを参考にしてください。

仮想通貨・ビットコイン取引所の選び方|おすすめ12社ランキング

続きを見る

今回は以上です。

 

あわせて読みたい(NFTをもっと詳しく知る)

NFTの始め方|仕組み・将来性・具体例をわかりやすく解説

続きを見る

NFTアートの使い道5選|買ってどうするの?という疑問を解決します

続きを見る

NFTで稼ぐ方法|副業でもOK!投資・創作・ゲーム・メディアで稼げる仕組みを徹底解説

続きを見る

NFTが売れない5つの理由|失敗確率を下げる7つのコツを大公開

続きを見る

あわせて読みたい(NFT取引を始める)

OpenSeaの始め方・使い方(登録~出品・購入)【完全ガイド】

続きを見る

\ この記事が気に入ったらフォロー /

  • この記事を書いた人

こばん

【経歴】横浜国大卒(小学校教員免許取得)▶︎食品会社に就職▶︎2021年3月より副業で当ブログの運営開始|NFT投資家 兼 コレクターでもある専門性を活かして、仮想通貨・NFT・メタバースに関する役立つ情報を発信中|平日は会社員をしながら副業でブログ運営する、妻と娘2人と東京で暮らす37歳男性です

-NFT
-

© 2022 Crypto Begin