メタバース

メタバースとは?|注目される理由とメリット・デメリットを解説

最近よく聞くメタバースって何?
なんで注目されているの?

メタバースの特徴を詳しく教えて!

というお悩みを解決します。

 

この記事では、メタバースとは何なのか?について初心者むけにやさしく解説します。

本記事でお伝えする内容

  1. メタバースとは?(語源・注目される理由)
  2. メタバースの特徴(メリット・デメリット)
  3. よくある質問
  4. メタバースの始め方

 

専門知識なしでも理解できるよう、基礎中の基礎から丁寧に解説をします。

この記事を読めば誰でも、メタバースについてしっかり理解できる状態になるはずです。

 

記事のさいごにはメタバースの始め方(手順)も紹介しています。

興味がある方は、ぜひメタバース体験をお試しくださいね!

こばん
「思い立ったが吉日」です。

興味関心がある今この瞬間に、さっそくメタバースという新世界に飛び込んでみましょう!

無料で始められます。

※メタバースを始める手順は、関連記事『メタバースのやり方・始め方』をお読みください。

 

上手にメタバースをはじめるコツ

コインチェックアプリはダウンロード数No.1

メタバース内でNFTアイテムを取引する場合、仮想通貨が必要です。

メタバースを楽しみながらお金も稼ぎたい方は、先に口座開設を済ませておくと便利です。

【無料】コインチェックに登録

※国内大手コインチェックは無料で口座開設できます

最短5分で申請完了&翌日から取引が開始できます

※詳細はコインチェック公式サイトでも確認できます

いまがチャンス!

コインチェック2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン

なんと!!!

今だけコインチェックで口座開設&入金をすると、もれなく2,500円分のビットコインがもらえる得なキャンペーン中です!

ビットコインをもらって得したい方は、お早めの口座開設をおすすめします。

こばん
キャンペーン条件の入金は、金額を問いません。

「1円」の入金でも「2,500円」分のビットコインが必ずもらえるので、本当にお得ですね。

>>>キャンペーンにエントリーする

※コインチェック公式サイトに移動します

※無料口座開設&入金で自動的にエントリー完了できます

※NFTで稼ぐ仕組みやコツを知りたい方は、関連記事『NFTでの稼ぎ方』をお読みください。

 

メタバースとは?

こばん
まずは「そもそもメタバースって何?」という疑問にお答えします。

メタバースの語源

メタバースとは、英語の「超越(Meta)」と「宇宙(Universe)」を組み合わせた造語であり、インターネット上の「仮想空間」のことです。

メタバースの語源

Meta(超越)+ Universe(宇宙) = Metaverse(現実ではない別世界)

 

メタバースでは、自分の分身となるアバター(操作できるキャラクター)が3D(三次元)の仮想空間内を自由に移動して、他のユーザーとコミュニケーションを取ったり、現実世界のようなイベントを楽しむことができます。

広義には、「どうぶつの森」や「FF(ファイナルファンタジー)14」などのゲームも「メタバース」だと言われます。

仮想空間内をアバター(ゲーム内のキャラクター)を操作して動き回って遊べるゲームだからです。

こばん
「メタバース=アバターを操作できる3次元の仮想空間」だと覚えておきましょう。

 

メタバースとVRとの違い

メタバース(Metaverse)は、「アバターを操作できる3次元の "仮想空間"」です。

【メタバースのイメージ】

メタバースのイメージ

(画像引用元:DIME

 

一方VR(Virtual Reality)は、「メタバースを体験するための "技術"」のことを指します。

同様に「AR」(Augmented Reality/拡張現実)や「MR」(Mixed Reality/複合現実)も、技術のことを指します。

VR・AR・MRの解説

(画像引用元:DIME

こばん
VRやAR、MRの技術を使って生み出した空間のことを、メタバースと呼ぶのですね。

 

いま注目される理由

ここからは、メタバースがいま注目されているおもな理由を3つ紹介します。

 

理由①:ビジネスの場になる

メタバースは3Dアバターと仮想空間により、現実世界のような場所を再現できると期待されています。

 

実際にMicrosoftはメタバースに対応した「Mesh for Teams」を発表し、2022年前半にプレビュー版をリリース予定です。

メタバースを利用したMesh for Teamsは、ミーティングや共同作業のリアルな再現を目指して開発されています。

 

また、メタバース内の土地に価値を持たせたり、メタバース内の看板などに広告を設けたりと、仮想空間自体がビジネスの交流を生み出すものとなり得ます。

リモートワークが当たり前になった今、親和性の高いビジネススタイル確立の切り札になると期待されているのです。

 

理由②:大手企業が参入している

メタバースの分野には、いま世界中の大手企業がこぞって参入・巨額投資をしています。

 

もっとも有名なのは、旧・Facebook(フェイスブック)でしょう。

2021年10月にFacebookは、社名を「Meta」(メタ / 正式名称:Meta platforms,Inc.)に変更すると発表しています。

フェイスブックがメタに社名変更

(画像引用元:Tech Crunch Japan

こばん
長期的に本気でメタバース事業に取り組むという、強い覚悟のあらわれですね。

 

その他にも、

メタバースに本格参入する世界企業

  • Microsoft:メタバースサービス「Mesh for Teams」をリリース予定
  • Disney:CEOがメタバース事業構想を発表
  • BMW:仮想工場を取り入れ生産効率化

といった、世界中の誰でも知っている企業群がメタバース事業への参入を表明しています。

 

この動きは海外だけでなく、日本も同様です。

日本企業では、ソニーやバンダイナムコなど、大手企業がメタバース領域への投資を加速させています。

 

ニュース記事①:ソニー、フォートナイト運営会社に追加出資 「メタバース」で協業(朝日新聞デジタル)

SONY

(画像引用元:朝日新聞デジタル

 

ニュース記事②:バンダイナムコ、メタバースでファンド 30億円投資へ(日本経済新聞)

バンダイナムコ

(画像引用元:COINPOST

 

今後は、メタバース空間を開発する企業だけでなく、関連する機器やサービスを提供する周辺分野の産業も盛り上がることが期待できます。

こばん
今後は海外でも日本でも、メタバース市場が成長・拡大することは必至ですね。

 

理由③:NFTと密接に関連している

メタバースにブロックチェーン技術のNFTをかけ合わせることで、仮想空間に存在するもの(アイテムやキャラクター)に価値が生まれます。

こばん
NFT(非代替性トークン)であれば、メタバース空間内のデジタルデータの1つひとつに希少性や唯一性が生まれるからですね。

※NFTの仕組みについては、関連記事『NFTとは?(仕組みを解説)』を参照ください。

 

従来のメタバースでは、アバターを介したユーザー同士のコミュニケーションがメインでした。

しかし近年、ブロックチェーン技術を応用することで、仮想空間内のアイテム(ゲームで使用する武器や土地など)やキャラクターをNFT化して取引が可能です。

これによりメタバース内で獲得したNFTアイテムは、NFTマーケットプレイスに持ち出して取引(売却)し、日本円などのお金に換えることができるのです。

 

いまNFT市場は急激に成長・拡大しています。

この成長するマーケットと密接に関係するメタバース市場もまた、間違いなく成長することが見込めます。

 

以上のような理由から、いまメタバースは企業からも個人からも大注目の存在となっているのです。

 

メタバースの特徴

ここからは、メタバースの特徴(メリットとデメリット)について解説します。

おもなメリットは、

メタバースのメリット

  1. 距離の制約なく人と交流できる
  2. 非日常を体験できる
  3. 会社など仕事でも活用できる
  4. お金を稼げる

 

反対に、おもなデメリットは、

メタバースのデメリット

  1. セキュリティ面の不安がある
  2. 対面コミュニケーションが希薄化
  3. 初期投資のお金がかかる場合も...

です。

こばん
ひとつずつ詳しく解説しますね。

 

メタバースのメリット

メリット①:距離の制約なく人と交流できる

メリットの1つ目は、距離の制約なく他人と交流できる「コミュニケーションツール」としての役目を果たすことです。

 

メタバースなら、直接対面で会わずともアバターを通じて、言葉や表情、仕草を交えて相手と会話できます。

メタバースを使えば、インターネットがつながる環境でさえあれば、世界中の人と深いコミュニケーションを取ることが可能になるのです。

 

メリット②:非日常を体験できる

メリットの2つ目は、身近に非日常を体験できる「ゲーム性」や「エンタメ性」があることです。

 

メタバースでは、さまざまなイベントに参加したり、普段は直接会えない人と交流ができます。

いつもの日常生活や生活環境では体験できないことが、スマホやPCの画面を通じて一瞬で出来てしまうのです。

こばん
メタバースは、単なる現実の再現でなく、新たにつくり上げられたオリジナルな仮想空間です。

現実世界では体験できない、まったく新しい体験ができる場なのです。

 

メリット③:会社など仕事でも活用できる

メリットの3つ目は、会社などのビジネスの現場でも活用できることです。

 

リモートワークが浸透した今、ビデオ会議ツールを使ったミーティングは当たり前の光景となっています。

メタバースは、このビデオ会議の延長線上にある「進化系」のビジネスコミュニケーションツールになると期待されています。

 

メタバースという非日常空間でアバター同士でアイデア創出会議やディスカッションをすることで、これまでの対面やビデオ会議とは異なる雰囲気で仕事ができます。

従来は無かった新しい発想が生まれるきっかけになる可能性があり、各企業、上手なメタバースの活用方法を模索中です。

 

メリット④:お金を稼げる

メリットの4つ目は、企業も個人もお金が稼げるチャンスがあることです。

 

人気のメタバース空間には、多くの人が集まるようになるでしょう。

人が集まるところに、お金は流れ込みます。

たくさんの人が見たり時間を過ごす場所は、高い広告効果を持つからです。

 

今後、企業にとっては、メタバースは自社の商品・サービスを宣伝する場所や売り場となるでしょう。

また個人にとっても、自分の商品をPRしたり、インフルエンサーとして影響力を高めるための重要なツールになると予想できます。

 

メタバースのデメリット

デメリット①:セキュリティ面の不安がある

デメリットの1つ目は、セキュリティ面に関することです。

 

メタバース上では「アバター=自分」です。

アバターの情報が漏れてしまうことは、あなたの個人情報が漏洩することと同義なのです。

 

メタバースを利用して、他人との交流をしたりビジネスをするなら、セキュリティ対策は十分過ぎるくらい徹底しましょう。

「推測しにくい強固なパスワードを設定する」や「ログイン情報は絶対に他人に教えない」など、基本的なことからしっかりやりましょう。

こばん
これはメタバースに限ったことではなく、インターネットサービスすべてに当てはまることですね。

 

デメリット②:対面コミュニケーションが希薄化

デメリットの2つ目は、対面コミュニケーションが希薄化することの懸念があることです。

 

メタバースはあくまで、インターネットを利用してスマホやPC画面を通じてリモートで他人と交流するツールです。

あまりやりすぎると、現実世界での直接対面コミュニケーションに割く時間もエネルギーも足りなくなってしまうおそれがあります。

 

メタバースは便利で画期的なツールです。

しかし「万能・万全」ではないのです。

 

上手に付き合う方法(使い方、距離の取り方)を、各自が考えて利用する必要があります。

 

デメリット③:初期投資のお金がかかる場合も...

 

デメリットの3つ目は、初期投資としてお金がかかる場合があることです。

 

このあと「よくある質問」コーナーで詳しく解説しますが、メタバース体験を快適に満喫するには、高性能PCやVRゴーグルがあることが望ましいです。

1つ数万円以上かかる機材・道具もあり、「せっかく道具を揃えたのに、全然使わずじまいだった...」となっては非常にもったいないです。

 

このようなことにならないよう、初期投資として機材や道具にお金をかけるなら、よく考えて慎重に判断することをおすすめします。

 

以上がメタバースの特徴(メリットとデメリット)です。

こばん
良い点も悪い点も、それぞれあるのです。

しっかり理解した上で、上手に利用・活用するのが得策ですね。

 

よくある質問

ここからは、メタバースを始めようとするときによくある不安や疑問にお答えします。

 

セカンドライフもメタバースの一種?

そうです。

セカンドライフ(Second Life)は、メタバースサービスの一種です。

 

セカンドライフとは、2003年に登場したソフトウェアのことです。

運営は、アメリカのサンフランシスコに本社があるリンデンラボ社が行っています。

セカンドライフ公式サイト

参考:Second Life公式サイト

開発・リリースされた2003年頃はまだ「メタバース」という言葉もなく、セカンドライフは一般のユーザーに広く浸透はしませんでした。

むかし、名前は聞いたことあるけど。

(でも、よく知らない...)

という、一過性のブームに終わった印象をお持ちの方も多いでしょう。

 

セカンドライフでは、ゲーム内でアバターを操って自由に動き回ることができ、仮想通貨のリンデンドル(L$)を使ってアイテムや不動産の売買が可能です。

リンデンドルは米国ドルと交換でき、近年「Play to Earn」や「GamiFi」と呼ばれるようなゲームを通じてお金を稼げるサービス(ゲーム)の先駆け的存在だったと言えます。

 

セカンドライフは、3D(三次元)のCGで構成されたインターネット上に存在する仮想世界であり、現実世界のお金と結びつくさまざまな取引が可能です。

これはまさに「メタバース」サービスそのものです。

こばん
当時セカンドライフが普及しなかったのは、時代を先取りしすぎていたのかもしれませんね。

 

メタバースはスマホでもできる?

できます。

しかし快適にプレイしたいなら、PCが好ましいです。

 

スマホだと、データ処理のスピードの遅かったり、画面が小さいために操作しにくいため、ストレスを感じる人が多いです。

 

まずお試しでやってみるならスマホでOKですが、

メタバース空間を、存分に楽しみたい!
メタバースを通じて、上手にお金を稼ぎたい!

という方には、PCの利用をおすすめします。

 

メタバースを始めるのに必要なものは?

スマホだけでも、最低限のことはできます。

しかし、より楽しみたい方や本気でお金を稼ぎたい方は、道具(機材)に初期投資することも検討しましょう。

 

具体的には、

あると良いもの

  • 高性能PC
  • VRゴーグル

の2つがあると、メタバース体験のレベルが上がり、効率的に稼げるようになるので一石二鳥です。

 

おすすめ機材①:高性能PC

処理速度が早く操作しやすいPC(パソコン)があれば、メタバースをストレスなく楽しめるようになります。

メタバースの中には、データ読み込みが重い世界(領域)もあったりしますが、グラフィック処理性能が高いPCであればサクサク動作するのでストレスフリーです。

 

本格的にメタバースをやりたいなら、MacBook Proなど数十万円の初期投資も検討してみましょう。

こばん
15万円のPCを購入しても、4年間(約1,500日)使えば「1日あたり100円」です。

長く続ける方は、早めの段階で投資するのが吉ですね。

 

おすすめ機材②:VRゴーグル

メタバースの世界で「没入感」を味わいたいなら、ゴーグル型ヘッドセットは必須です。

 

数万円の投資になりますが、複数ゲームを楽しんだり中長期的に稼ぎたい人にとっては、コスパの高い初期投資になるはずです。

 

参考

ゴーグル型ヘッドセット「オキュラス2」は、Meta(旧・Facebook)社の提供するソーシャルVRサービス「Horizon Worlds」(ホライズン・ワールド)の利用に必須のアイテムです。

オキュラスがないと、Horizon Worldsを利用できません。

【Horizon Worlds イメージ動画】

※画面中央の「▶」(再生ボタン)を押すと、動画を見れます。

Horizon Worldsは、2022年2月時点で30万人以上のユーザーが利用する大人気メタバース空間サービスとなっています。

現時点では米国とカナダでサービスを開始しており、日本では未実装です。

Horizon Worldsに興味がある方は、今後日本でも利用できるようになることを見越して、いまから必要な道具を準備しておくと良いでしょう。

参考:Horizon Worlds公式サイト

こばん
メタバースをやるときに準備すべき物は、目的により異なります。

関連記事『メタバースに必要なもの・機材』では、メタバースを始める目的別に必要な準備物を整理しています。参考にしてください。

 

メタバースは無料で始められる?

はい、無料で始められます。

 

メタバースは、基本的には無料で遊べるものが多いです。

無料で遊べて、いま人気が高いアプリの1つは、「Cluster(クラスター)」です。

クラスターのトップページ

(Cluster公式サイトのトップページ)

Cluster(クラスター)は、WindowsでもMacでも、またスマホでも無料でプレイできます。

クラスターのイメージ

(Clusterのバーチャル空間イメージ)

ユーザーは3Dアバターを選んでバーチャル空間に入り、散策したり、イベントや音楽ライブに参加して楽しめます。

また、ユーザー同士でチャットや音声でコミュニケーションできます。

公式サイト:https://cluster.mu/

 

また同様に、無料でVR体験ができて人気なのは「VR Chat」です。

VR Chat

(VR Chat公式サイトのトップページ)

VRChatは、VR(バーチャル・リアリティ/仮想現実)空間内にアバターでログインし、多人数でコミュニケーションできる「ソーシャルVR」と呼ばれるジャンルのアプリです。

VRChat内にはユーザーが手がけた様々な「ワールド」と呼ばれるVR空間が用意されていて、好きな場所で他のユーザーとの交流を楽しめます。

VR Chatイメージ

(VR Chatのバーチャル空間イメージ)

VRヘッドセットとPCを繋いで体験する「VRモード」では、強い没入感を味わえます。

またPCのみで遊べる「デスクトップモード」が用意されているので、VRヘッドセット機器を持っていない方が、お試し体験するのもOKです。

公式サイト:https://hello.vrchat.com/

 

メタバースで本格的に稼ぐには、ある程度の初期投資として千円~1万円ほどかかる場合が多いです。(アイテム購入や機器導入のため)

しかし、最初からお金をかけることに抵抗がある方も多いでしょう。

そんな方はまず、上記2つの無料アプリからお試し利用してみるのがおすすめです。

 

メタバースは未成年でもできる?

はい、できます。

 

基本的にどのプラットフォーム(NFTゲーム)も、ゲームをプレイするだけなら年齢制限はありません。

「メタバースを始めること」自体なら、学生、未成年の方でもOKです。

こばん
1つ前の質問回答で紹介した「Cluster(クラスター)」や「VR Chat」は、未成年を含め誰でも無料でプレイできます。

 

ただしメタバースサービス(NFTゲーム)によっては、独自通貨を利用したり、その通貨を換金できるものがあります。

この場合、独自通貨の購入・換金には仮想通貨口座が必要です。

 

仮想通貨口座の新規開設は、コインチェックなど日本の取引所は20歳以上、海外のバイナンスなら18歳以上などと定められています。

そのため「メタバースで稼ぐこと」は、18歳以上でないと始められないと理解しておきましょう。

こばん
未成年だと、お金が絡むことに一部制限があるのですね。

 

メタバースの注意点は?

セルフゴックスに注意しましょう。

セルフゴックス(Self Gox)とは

セルフゴックスとは、自分の(=Self)不注意により、所持する仮想通貨を自身で失ってしまうことを指します。

2014年に大量のビットコインを消失した、マウントゴックス(=GOX)になぞらえた造語です。

 

セルフゴックスの事例は、以下のようなものです。

セルフゴックスの事例

  • 秘密鍵をなくす
  • 間違ったアドレスに送金する
  • 二段階認証用のスマホやハードウォレットの故障・紛失

 

メタバースを利用するということは、少なからず仮想通貨を利用するということです。

お金同様の資産を扱うのですから、購入・売却や送金など取引の際には、注意深く慎重にやりましょう。

 

メタバースに投資するには?

メタバースに投資してお金を稼ぐには、おもに以下3つの方法があります。

メタバース投資の方法

  1. メタバース内で獲得したNFTを取引する
  2. メタバース関連の仮想通貨を取引する
  3. メタバース関連企業の株を取引する

 

投資方法①:メタバース内で獲得したNFTを取引する

1つ目は、メタバース内でアイテム(武器や土地など)やキャラクターを獲得し、それをNFTマーケットプレイスで売却する方法です。

希少価値の高いアイテムやキャラクターを入手できれば、大きく稼げるチャンスがあります。

こばん
この記事で解説してきた、もっとも基本的なメタバースでの稼ぎ方です。

 

NFTの売買には、世界最大のNFTマーケットプレイス(取引市場)の「OpenSea」(オープンシー)が便利です。

OpenSeaロゴ

参考:OpenSea公式サイト

 

OpenSeaにアクセスするだけで、世界中のNFTクリエイターやNFT投資家にアプローチできます。

これからOpenSeaを使う方は、関連記事『OpenSeaの始め方・使い方(登録~出品・購入) 初心者むけ完全ガイド』をお読みください。

 

投資方法②:メタバース関連の仮想通貨を取引する

コインチェック取扱銘柄

2つ目は、メタバース関連銘柄と呼ばれる仮想通貨に投資をする方法です。

 

メタバース関連銘柄とは、おもにメタバースのサービス(プラットフォーム/ゲーム)の開発・支援を行うブロックチェーンネットワークで利用できる仮想通貨のことです。

そのネットワークで開発されたメタバースサービスが普及・拡大するに伴い、流通する仮想通貨の価値(値段)も上がるという訳です。

 

メタバース関連銘柄として代表的なのは、

NFT関連銘柄の例

  • ETH(イーサ):NFT取引でもっとも利用される「イーサリアム」ネットワークで使われるコイン
  • ENJ(エンジンコイン)」:NFTゲーム開発プラットフォーム「エンジンプラットフォーム」で使われるコイン
  • PLT(パレットトークン):マンガ、アニメなどエンタメ系のNFT取引プラットフォーム「パレット」ネットワークで使われるコイン

などです。

※上記コイン名リンクをクリックすると、コインの特徴や仕組み、将来性の解説記事に飛べます。

こばん
上記3つのコインはすべて、コインチェックで取り扱いがあります。

メタバース関連銘柄に投資したい方にとって、コインチェックは最適ですね。

【無料】コインチェックに登録する

※最短5分程度で登録完了できます

いまがチャンス!

コインチェック2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン

今だけコインチェックで口座開設&入金をすると、もれなく2,500円分のビットコインがもらえる得なキャンペーン中です!

ビットコインをもらって得したい方は、お早めの口座開設をおすすめします。

※この他にもメタバース関連銘柄を知りたい方は、関連記事『メタバース関連の仮想通貨銘柄おすすめ11選(選び方のコツも解説)』を参照ください。

 

投資方法③:メタバース関連企業の株を取引する

さいごに3つ目は、メタバース事業に深く関わる企業に投資する方法です。

その企業のメタバース事業が伸びて株価が上昇すれば、株売買の差益で稼ぐことが可能です。

 

日本での有力は投資先のひとつは、先ほど紹介したソニーやバンダイナムコのような、すでに巨額投資を実行している企業です。

任天堂やポケモンのような、世界中で人気の高いキャラクターコンテンツを保有する企業にもチャンスがあるでしょう。

こばん
「遊んでみたい!」と思わせる魅力的なコンテンツがあることが、今後のメタバース普及を加速させるカギだと言われているからです。

 

海外も含めれば、Meta(旧・Facebook)のほか、世界中に数千万人規模のユーザーを抱えるゲーム開発会社などが有力でしょう。

 

このように一口にメタバース投資と言っても、その方法はさまざまあります。

投資先や方法が多種多様で、投資先の裾野(すその)が広いことも、メタバースが投資先として魅力的な理由のひとつとなっています。

 

以上が、メタバースに関するよくある質問と回答です。

 

メタバースの始め方

メタバースの始め方は、とてもかんたんです。

 

以下の4つの手順(ステップ)だけでOKです。

メタバースを始める手順

  1. コインチェックで口座開設(無料)
  2. メタマスクに送金する
  3. 体験するメタバースサービスを選ぶ
  4. 通貨を購入す

詳しい手順は、関連記事『メタバースのやり方・始め方(初心者むけに徹底解説)』で解説していますので参考にしてください。

 

こばん
メタバースをはじめる第一歩は、仮想通貨口座の開設(無料)です。

上記1~4すべてやっても所要時間は数十分~1時間程度です。(口座開設の確認時間を除く)

意外なほど簡単にはじめられます。

 

コインチェックは、

コインチェックを利用するメリット

  • スマホアプリが使いやすい
  • 取扱通貨数が豊富(国内最大級)
  • 各種手数料が安い

などが特徴で、仮想通貨初心者にもっともおすすめできる取引所です。

 

たくさんのユーザーに支持されていることは、「国内ビットコイン取引アプリダウンロード数 3年連続No.1」という実績が証明しています。

コインチェックアプリはダウンロード数No.1

こばん
とくに2021年はアプリダウンロード数が前年比で3倍となり、ユーザー数は急増しています。

累計476万ダウンロードの大人気アプリとなっています。

※詳しくはリリース情報『Coincheckアプリ、ダウンロード数3年連続「国内No.1」を獲得』(PR TIMES)で確認できます。

※コインチェック人気の理由は、関連記事『初心者にコインチェックをおすすめする理由』でも詳しく解説しています。

 

初心者におすすめのコインチェックは、無料&最短5分程度で登録できます。

ぜひあなたも、コインチェックを利用して、いま話題のメタバースを体験してみてくださいね!

【無料】コインチェックに登録する

※メタバースで稼ぐには仮想通貨口座が必要です

※コインチェック口座は【無料】で開設できます

※最短5分で申請完了&翌日から取引開始できます

※サービス詳細はコインチェック公式サイトで確認できます

いまがチャンス!

コインチェック2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン

なんと!!!

今だけコインチェックで口座開設&入金をすると、もれなく2,500円分のビットコインがもらえる得なキャンペーン中です!

ビットコインをもらって得したい方は、お早めの口座開設をおすすめします。

こばん
キャンペーン条件の入金は、金額を問いません。

たった「1円」の入金でも「2,500円」分のビットコインが必ずもらえるので、本当にお得ですね。

>>>キャンペーンにエントリーする

※コインチェック公式サイトに移動します

※無料口座開設&入金で自動的にエントリー完了できます

 

口座開設の手順は、以下の記事を参考にしてください。

【無料】コインチェックで口座開設する手順(かんたん4ステップ)

続きを見る

※コインチェックについてもっと詳しく知りたい方は、関連記事『コインチェックの評判・特徴(メリットとデメリット)』をお読みください。

 

今回は以上です。

この記事が、あなたがメタバースという新世界を体験するきっかけになれば最上のよろこびです。

 

あわせて読みたい

【無料】メタバースのやり方・始め方|初心者むけに稼ぎ方のコツを解説

続きを見る

NFTの稼ぎ方|始め方から稼ぐコツまで徹底解説【初心者むけ】

続きを見る

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)で稼ぐ方法|おすすめ最新ゲーム10選を紹介

続きを見る

\ この記事が気に入ったらフォロー /

コインチェック
  • この記事を書いた人

こばん

【経歴】横浜国大卒(小学校教員免許取得)▶︎FP3級、簿記2級取得▶︎株や仮想通貨など金融投資歴は15年以上|お金の専門知識を小学生にもわかるようやさしく解説するのが特技|妻と娘2人と東京で暮らす37歳の副業サラリーマンです

-メタバース
-

© 2022 Crypto Begin