メタバース

メタバースに必要なもの・機材|おすすめVRゴーグルやゲームも紹介

メタバースを体験したい。

どんなもの・機材が必要?

メタバースをはじめるには、以下画像みたいなゴーグルは必須なの?

VRゴーグル

というお悩みを解決します。

 

この記事では、メタバースを体験するのに必要なもの・機材について解説します。

 

結論、メタバースは「完全無料」ではじめることができます。

 

スマホやPCがあればOKで、専用機材の購入は必須ではありません。

こばん
ゴーグル(ヘッドセット)なしでも、メタバースは体験できるのです!

 

しかし、ただ遊んで暇つぶしするのでなく、

  • 高画質で、没入感を味わいたい!
  • メタバース内でお金を稼ぎたい!

という目的があるなら、話は違ってきます。

その目的にあわせて、必要な機材・道具を用意する必要があります。

 

そこで本記事では、以下3つの目的別にメタバースをはじめるのに必要なもの・機材をお伝えします。

メタバースを始める目的

  1. まずは体験してみたい
  2. 本格的に楽しみたい
  3. お金を稼ぎたい

※上記リンクをタップして読みたい箇所に飛べます

こばん
あなたのメタバースをはじめる目的にあわせて、好きなところからお読みいただけます。

 

この記事には、これからメタバースをはじめる未経験者・初心者にとって必要が情報がすべて詰まっています。

ぜひこの記事を読んだあとは、実際にメタバースを体験してみてくださいね♪

 

メタバースを最大限楽しむヒント♪

メタバースの世界では、現実世界と同様に、お金の取引もできます。

その場合、仮想通貨の専用口座が必須ですので、まだお持ちでない方はいまのうちにつくっておくと今後便利です。

完全無料です。

最短5分程度で登録できるので、スキマ時間にサクッと済ませておきましょう。

【無料】コインチェックに登録

コインチェックは国内最大手の取引所です

※サービス詳細は公式サイトでも確認いただけます

 

【目的別】メタバースに必要なもの・機材

さっそく、以下の3つの目的別に、必要なもの・機材を解説していきます。

メタバースを始める目的

  1. まずは体験してみたい
  2. 本格的に楽しみたい
  3. お金を稼ぎたい

 

目的①:まずは体験してみたい

とりあえず実体験して、どんなものか知っておきたい。

という方むけです。

 

メタバースの体験だけが目的ならば、

必要なもの

  • メタバースサービスのアプリ・ソフト

をダウンロードするだけでOKです。

 

スマホやPCをお持ちの方なら、特別な機材を購入する追加投資は不要です。

気軽にはじめてみましょう。

 

以下、無料で利用できる2つのおすすめメタバースサービスを紹介します。

ぜひアプリをダウンロードして、実際にメタバースを体験してみてください。

 

Cluster(クラスター)

無料で使えて、いま人気が高いメタバースサービスアプリの1つは、「Cluster(クラスター)」です。

クラスターのトップページ

(Cluster公式サイトのトップページ)

 

Cluster(クラスター)は、WindowsでもMacでも、またスマホでも無料でプレイできます。

クラスターのイメージ

(Clusterのバーチャル空間イメージ)

ユーザーは3Dアバター(分身)を選んでバーチャル空間に入り、散策したり、イベントや音楽ライブに参加して楽しめます。

また、ユーザー同士でチャットや音声でコミュニケーションできます。

 

>>>Clusterを利用する

※公式サイトに移動できます

※スマホアプリは以下からダウンロードできます

Cluster(クラスター)

Cluster(クラスター)

Cluster, Inc.無料posted withアプリーチ

 

こばん
Clusterは日本人ユーザーが多いのが特徴です。

日本語対応されている部分も多いので、日本人にとってのメタバースの入口に最適なサービスです。

 

VR Chat(ブイアールチャット)

また同様に、無料でメタバース体験ができて人気が高いのは「VR Chat」です。

VR Chat

(VR Chat公式サイトのトップページ)

 

VRChatは、VR(バーチャル・リアリティ/仮想現実)空間内にアバターでログインし、多人数でコミュニケーションできる「ソーシャルVR」と呼ばれるジャンルのアプリです。

VRChat内にはユーザーが手がけた様々な「ワールド」と呼ばれるVR空間が用意されていて、好きな場所で他のユーザーとの交流を楽しめます。

VR Chatイメージ

(VR Chatのバーチャル空間イメージ)

VRヘッドセットとPCを繋いで体験する「VRモード」でも遊べますが、PCのみで遊べる「デスクトップモード」も用意されています。

「デスクトップモード」でお試し体験してみて、気に入ったらVRヘッドセットなどの機材を購入するのも良いですね。

>>>VR Chatを利用する

※公式サイトに移動できます

こばん
VR Chatはスマホでの利用ができません。

PCから公式サイトにアクセスして利用しましょう。

 

以上、無料でメタバース体験ができるアプリ・ソフトのおすすめサービス(2つ)です。

 

最初からお金をかけることに抵抗がある方も多いと思います。

そんなときはまず無料でお試ししてみて、そのあと初期投資するかを決めればOKです。

 

目的②:本格的に楽しみたい

美しいグラフィックや世界観を満喫したい!
メタバースの「没入感」を味わい、非日常の世界にどっぷり浸かってみたい!

という方むけです。

 

メタバースを本格的に楽しみたいなら、

必要なもの

  1. メタバースサービスのアプリ・ソフト
  2. VRゴーグル(ヘッドセット)

をダウンロード・準備が必要です。

 

以下の手順で始められます。

 

手順①:メタバースサービスのアプリ・ソフトを選ぶ

まずは、好きなメタバースサービスのアプリ・ソフトを選んでください。

 

先ほど「まずは体験したい」のページで紹介した「Cluster」や「VR Chat」といった無料サービスでもOKです。

 

また関連記事『スマホで遊べる最新人気ゲーム(NFT・メタバースゲーム)9選』も参考にしてください。

こばん
こちらは一部、プレイするのに初期費用がかかるゲームもあります。

 

手順②:VRゴーグル(ヘッドセット)を購入する

続いて、VRゴーグルを準備します。

こばん
ゴーグルは、「ヘッドセット」や「HMD(ヘッドマウントディスプレイ)」とも呼ばれます。

 

メタバースの「没入感」を味わい「非日常感」を満喫するには、VRゴーグルは必須のアイテムになります。

VRゴーグル(ヘッドセット)とは

VRゴーグルとは、VR(バーチャル・リアリティ/仮想現実世界)コンテンツを体験するために頭部に装着して使用する機材です。

VRゴーグルを装着すると、頭の動きに合わせた360°映像が映し出されて、現実のようなリアルな世界を体験できます。

  • 頭の動きに合わせ上下左右に映像が動く
  • 映像内のアバターを自由に操作できる

ようになるため、現実に近い世界が映し出され、高い没入感を体験することができます。

 

おすすめのVRゴーグル:Meta Quest(メタ・クエスト)

VRゴーグル(ヘッドセット)でもっともおすすめしたいのは、「Meta Quest 2」(メタ・クエスト・ツー)(旧・Oculus Quest 2(オキュラス・クエスト・ツー)」です。

 

Meta Quest(メタ・クエスト)は元々、2012年創業のベンチャー企業「オキュラスVR」社が開発した、ゲーム用のゴーグル機器です。

 

その後、メタバース事業に注力する「Meta」(メタ / 正式名称:Meta platforms,Inc.)社(旧・Facebook社)が当社を買収しました。

現在はMeta社の子会社であるフェイスブック・テクノロジーズ社が開発を進めています。

フェイスブックがメタに社名変更

(画像引用元:Tech Crunch Japan

こばん
そのため、ゴーグルの名前も「Meta」に変更になっています。

 

VRゴーグルの選び方(3つのポイント)

はじめてVRゴーグル(ヘッドセット)を購入する方は、何を基準に選んでよいか困ってしまうでしょう。

 

わたしがおすすめする、VRゴーグルを購入するときに確認しておきたいポイントは以下の3つです。

VRゴーグル選びのポイント

  1. スタンドアローン型
  2. 価格は5~8万円
  3. 重さは600g以下

 

選ぶポイント①:スタンドアローン型

スタンドアローン型VRゴーグル「オキュラス」

購入するなら「スタンドアローン型」(一体型)を選びましょう。

 

スタンドアローン型とは

スタンドアローン型とは、PCやスマホに接続することなく、VRゴーグル(ヘッドセット)のみで使用できる装置のことです。

こばん
VRゴーグルを「単体」で使えるということですね。

 

スタンドアローン型なら、面倒な接続作業が不要で、スペックの高いPCを用意する必要もありません。

アプリ・ソフトをゴーグル機材に直接ダウンロードすれば、手軽にメタバース体験ができます。

 

有線型VRゴーグル利用シーン

PC・スマホ接続型にも、利点はあります。

それはデータ処理の早さです。

有線接続ならスタンドアローン型より大量のデータ処理が可能なので、超高精細な映像でもタイムラグなどの不都合は起こりづらいです。

 

しかし、近年発売されている最新モデルなら、スタンドアローン型でも性能は十分です。

ほとんどのメタバースサービスで、何の不都合も感じずに快適に美しい映像を楽しめます。

 

また、スタンドアローン型はバッテリー稼働なので定期的に充電が必要となりますが、自宅で利用する分には不便を感じることはないでしょう。

 

選ぶポイント②:価格は5~8万円

VRゴーグルの価格相場は、おおむね5~8万円です。

 

購入する商品(製造メーカーやモデル)や購入サイトにより、価格は「ピンキリ」です。

値段が高すぎるものは初心者にとってはオーバースペックだったり、あまりに安すぎるものはニセモノであるリスクや最新のサービスを十分に楽しめないリスクもあります。

 

はじめて購入する方が失敗しないためには、平均的な相場価格帯のものを選ぶと無難です。

 

選ぶポイント③:重さは600g以下

VRゴーグルは頭部にセットして長時間利用するため、重さ(重量)がとても大切です。

 

あまりに重すぎると、利用中に疲れてしまったり、頭痛・肩こり等の原因にもなり得ます。

 

そのため、無理なく長時間使える重さのものを選んでおきましょう。

 

目安は「600g以下」です。

これなら首への負担は大きくなく、メタバースを長くプレイしても辛くありません。

こばん
将来的には「サングラス型」のような超軽量タイプの開発が期待されます。

それまではなるべく使いやすい600g以下のものを選んでおきましょう。

 

ここまで説明した、

VRゴーグル選びのポイント

  1. スタンドアローン型
  2. 価格は5~8万円
  3. 重さは600g以下

の条件を3つとも満たしているのが、Meta Questなのです。

 

VRゴーグル初心者の方には、Meta Questはイチ押しです。

こばん
Meta Questは、現在のVRゴーグル市場で最も人気のある商品です。

たくさんの利用者がいることは、使いやすさや品質の高さの証明ですね。

 

購入を迷うときは

Meta Questの購入に当たっては、「いきなり数万円の出費は痛い...」と尻込みする方も少なくないでしょう。

そんな方に、レンタルサービスをご紹介します。

ドコモのデバイスレンタルサービス「kikito」なら、Meta Quest 2が「3,980円/3日間~」や「4,000円/月間」でレンタルできます。

購入前のお試し利用にご活用ください。

>>>kikito公式サイトに移動する

 

補足:高性能PCもおすすめ

メタバースを楽しむ機材は、VRゴーグル以外にもさまざまあります。

高機能便利ツールをそろえればそろえるほど、メタバース体験のクオリティは高くなり、満足感は上がることが期待できます。

 

たとえば、

  • マイク
  • イヤホン
  • PC操作マウス
  • ゲーミングチェア、等

挙げれば切りがありません。

こばん
ぜんぶそろえようとすると、お金がいくらあっても足りません。

 

そんな中で、買うべきものに優先順位をつけるなら、VRゴーグルの次に来るのは「高性能PC」です。

処理速度が早く操作しやすいPC(パソコン)があれば、メタバースをストレスなく楽しめるようになります。

メタバースの中には、データ読み込みが重い世界(領域)もあったりしますが、グラフィック処理性能が高いPCであればサクサク動作するのでストレスフリーです。

 

もっとメタバースを満喫したい方は、MacBook Proなどの高性能PCがあると便利です。

 

購入費用が15万円だとしても、4年間(約1,500日)使えば「1日あたり100円」です。

長く利用する方にとっては、コスパの高い投資になるはずです。

こばん
その他の機材や小物は、実際にはじめたあとに、各自ご予算に応じて都度買い足していきましょう。

 

目的③:お金を稼ぎたい

今後メタバース市場はぜったいに成長するはず!

成長市場でお金を稼ぎたい!!!

という方むけです。

 

メタバースでお金を稼ぎたいなら、

必要なもの

  1. メタバースサービスのアプリ・ソフト
  2. 仮想通貨口座
  3. NFT取引アカウント

を準備しましょう。

こばん
どれも無料ではじめられます。

以下の手順に従ってやってみましょう♪

 

手順①:メタバースサービスのアプリ・ソフトを選ぶ

お金を稼ぐことを目的にメタバースをはじめるなら、稼ぎやすいメタバースサービスを選んでおく必要があります。

 

基本的に「たくさんの人が集まる=お金が流入しやすい」ので、人気が高くユーザー数が多いサービスプラットフォームほどお金が稼ぎやすいです。

いま人気の高いメタバース・NFTゲームを選んでプレイするようにしましょう。

 

最新の人気サービスは、関連記事『NFTで稼ぐ方法|最新の人気NFT・メタバースゲーム9選』で紹介していますので参考にしてください。

こばん
早くお金を稼ぎたいなら、無料で気軽に楽しめる「Cluster」や「VR Chat」より、上記記事で紹介しているサービスがおすすめです。

参加ユーザーの本気度が高く、高額な取引が日常的に行われているので、稼ぐチャンスが多いからです。

 

手順②:仮想通貨口座を開設する

続いて、仮想通貨口座を開設します。

 

メタバースで稼ぐ方法はさまざまありますが、基本的に「メタバースで稼ぐ=NFT取引で稼ぐ」です。

参考

メタバースで稼ぐ方法は、関連記事『メタバースでの稼ぎ方・副業8選』で詳しく解説していますので参考にしてください。

 

NFT取引で通貨の入出金を行うには、仮想通貨専用の口座は必須です。

 

はじめて仮想通貨口座をつくるなら、国内最大手で取引所手数料無料の「コインチェック」がおすすめです。

コインチェックはアプリダウンロード数No.1

 

コインチェックは、

初心者におすすめする理由

  1. スマホアプリが使いやすい
  2. 取扱通貨数が国内最大級
  3. 積立・少額投資もできる

などが特徴で、ベテラン投資家から未経験者まで、幅広く愛用されている取引所です。

 

このことは、「国内ビットコイン取引アプリダウンロード数 3年連続No.1」という実績が証明しています。

コインチェックアプリはダウンロード数No.1

※詳しくはリリース情報『Coincheckアプリ、ダウンロード数3年連続「国内No.1」を獲得』(PR TIMES)で確認できます。

 

コインチェックは、無料&最短5分程度で登録できます。

サクッと登録を済ませておきましょう。

【無料】コインチェックに登録

※最短5分で申込できます

※サービス詳細は公式サイトでご確認いただけます

※コインチェックの口座開設~購入手順は、

関連記事①:『コインチェックの口座開設(かんたん4ステップ)

関連記事②:『スマホアプリでOK!コインチェックで仮想通貨を買う3ステップ

で解説していますので参考にしてください。

 

手順③:NFT取引アカウントをつくる

さいごに、NFT取引を行うアカウントをつくります。

 

NFTを売買できる取引所(マーケットプレイス)はさまざまありますが、おすすめは「OpenSea」です。

OpenSeaロゴ

参考:OpenSea公式サイト

OpenSeaは圧倒的な取引シェアを誇る世界最大のNFTマーケットプレイスです。

OpenSeaにアクセスすることで、あなたも世界中のNFTクリエイターやNFT投資家にアプローチできます。

 

OpenSeaのアカウント作成や利用方法は、関連記事『OpenSeaの始め方・使い方(登録~出品・購入) 初心者むけ完全ガイド』で詳しく解説しています。

OpenSeaの始め方・使い方(登録~出品・購入)【完全ガイド】

続きを見る

こばん
専門知識がない方でも理解できるよう、画像や用語解説を交えてやさしく手順を説明しています。

ぜひお役立てください!

 

以上3つの手順を踏めば、準備完了です。

あとはメタバースサービス(NFTゲーム)を楽しみ、獲得したNFTアイテムをマーケットプレイスで売却すれば、お金を稼ぐことができます。

 

補足

メタバースで稼ぐ上で、VRゴーグルや高性能PCなどの機材は必須ではありません

しかし機材は、あった方が便利なことは間違いありません。

資金に余裕があるなら、ぜひ機材も導入しましょう。

「VRゴーグルを購入する」のページに戻る

 

メタバースに関するよくある質問

ここからは、メタバースに関するよくある質問にお答えします。

 

そもそもメタバースとは?

メタバースとは、英語の「超越(Meta)」と「宇宙(Universe)」を組み合わせた造語であり、インターネット上の「仮想空間」のことです。

メタバースの語源

Meta(超越)+ Universe(宇宙) = Metaverse(現実ではない別世界)

 

メタバースでは、自分の分身となるアバター(操作できるキャラクター)が3D(三次元)の仮想空間内を自由に移動して、他のユーザーとコミュニケーションを取ったり、現実世界のようなイベントを楽しむことができます。

広義には、「どうぶつの森」や「FF(ファイナルファンタジー)14」などのゲームも「メタバース」だと言われます。

仮想空間内をアバター(ゲーム内のキャラクター)を操作して動き回って遊べるゲームだからです。

こばん
「メタバース=アバターを操作できる3次元の仮想空間」だと覚えておきましょう。

※関連記事『メタバースとは?(初心者むけにやさしく解説)』も参考にしてください。

 

メタバースとVRとの違いは?

メタバース(Metaverse)は、「アバターを操作できる3次元の "仮想空間"」です。

【メタバースのイメージ】

メタバースのイメージ

(画像引用元:DIME

 

一方VR(Virtual Reality)は、「メタバースを体験するための "技術"」のことを指します。

同様に「AR」(Augmented Reality/拡張現実)や「MR」(Mixed Reality/複合現実)も、技術のことを指します。

VR・AR・MRの解説

(画像引用元:DIME

こばん
VRやAR、MRの技術を使って生み出した空間のことを、メタバースと呼ぶのですね。

 

メタバースでは何ができる?

現在メタバースは、おもにビジネスやエンタメで活用されています。

 

ビジネス領域では、バーチャルオフィスやバーチャル店舗が運営されています。

またエンタメ領域では、ゲームの他、ライブが開催されて多くの人が集まる場所となっています。

こばん
メタバース空間内では、さまざまな場所やサービスが展開されています。

その空間に、アバターを操作して参加することで、色々な体験(商品の売買やイベント参加など)ができるのですね。

 

メタバースではどんなビジネスができる?

メタバース関連のビジネスの裾野(すその)は、非常に広いです。

メタバース空間内でビジネスを行うものもあれば、システム開発やコンテンツ制作を通じてメタバースに関与する方法もあります。

 

関連記事『メタバースでの稼ぎ方・副業8選|稼げるおすすめサービスと始め方も紹介』では、

メタバースで稼ぐ方法

  1. メタバースで使うNFTを制作・販売する
  2. メタバースで獲得したNFTを売却する
  3. メタバース内の土地を運用する
  4. メタバース内で働く
  5. メタバース内にゲームを作る
  6. メタバース関連銘柄に投資する
  7. メタバース関連企業の仕事を受注する
  8. メタバースに関する情報発信をする

という8つのパターンのメタバースビジネスのスキームを紹介しています。

 

企業単位でも、個人の副業レベルでも、メタバースでビジネスをはじめたい方は参考にしてみてください。

 

メタバースのメリットやデメリットは?

おもなメリットは、以下4つです。

メタバースのメリット

  1. 距離の制約なく人と交流できる
  2. 非日常を体験できる
  3. 会社など仕事でも活用できる
  4. お金を稼げる

 

メタバースでは、遠く離れていても緊密なコミュニケーションが可能です。

プライベート利用で楽しむのはもちろん、バーチャルオフィスとして利用して職場のチームづくりに活用する事例もあります。

また昨今、メタバース内で取引したものが現実世界で換金できる基盤が整いつつあります。

それに伴い、個人や企業がお金を稼ぐ手段に利用するケースも増えてきています。

 

反対にデメリットは、下記3つです。

メタバースのデメリット

  1. セキュリティ面の不安がある
  2. 対面コミュニケーションが希薄化
  3. 初期投資のお金がかかる場合も...

 

メタバース内では、「アバター=自分」です。

そのためアバターを乗っ取られてしまうと、さまざまな被害・トラブルが想定されますので、セキュリティ面には注意が必要です。

こばん
「パスワードは推測されにくい強固なものにする」、「ログイン情報は絶対に他人に教えない」など、個人でできる対策はしっかり実行しましょう。

 

またメタバースという非日常空間を利用しすぎると、日常空間である対面コミュニケーションを軽視してしまうおそれがあるでしょう。

高性能PCや専用ゴーグルなどの機材購入にお金がかかる点にも注意です。

 

これらのデメリットも踏まえ、メタバースとは上手に付き合うようにしましょう。

※メタバースのメリットやデメリットは、関連記事『メタバースとは?(注目される理由と特徴を解説)』で詳しく説明しています。

 

メタバースの注意点は?

セルフゴックスに注意しましょう。

セルフゴックス(Self Gox)とは

セルフゴックスとは、自分の(=Self)不注意により、所持する仮想通貨を自身で失ってしまうことを指します。

2014年に大量のビットコインを消失した、マウントゴックス(=GOX)になぞらえた造語です。

 

セルフゴックスの事例は、以下のようなものです。

セルフゴックスの事例

  • 秘密鍵をなくす
  • 間違ったアドレスに送金する
  • 二段階認証用のスマホやハードウォレットの故障・紛失

 

メタバースを利用するということは、少なからず仮想通貨を利用するということです。

お金同様の資産を扱うのですから、購入・売却や送金など取引の際には、注意深く慎重にやりましょう。

 

メタバースに投資するには?

メタバースに投資する方法は、おもに以下3通りあります。

 

メタバース投資の方法

  1. メタバース内で獲得したNFTを取引
  2. メタバース関連企業の株を取引
  3. メタバース関連の仮想通貨を取引

 

投資方法①:メタバース内で獲得したNFTを取引する

1つ目は、メタバース内でアイテム(武器や土地など)やキャラクターを獲得し、それをNFTマーケットプレイスで売却する方法です。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略で、日本語では「非代替性トークン」と訳されます。

「世界でたったひとつ、唯一無二であることを証明されたデジタルデータ」のことを指します。

※NFTの基礎知識は、関連記事『NFTとは?(仕組み・将来性・始め方をわかりやすく解説)』で詳しく解説しています。

 

希少価値の高いNFT(アイテムやキャラクター)を入手できれば、大きく稼げるチャンスがあります。

NFTで稼ぐ仕組みやコツは、関連記事『NFTの稼ぎ方3選(投資・創作・ゲーム)』で解説していますのでお役立てください。

 

投資方法②:メタバース関連企業の株を取引する

2つ目は、メタバース事業に深く関わる企業に投資する方法です。

その企業のメタバース事業が伸びて株価が上昇すれば、株売買の差益で稼ぐことが可能です。

 

いまメタバース事業に積極投資をしている企業や、メタバースで活用されそうな有力コンテンツ(キャラクターなど)を保有する企業が狙い目です。

こばん
株式投資をするなら、手数料が安いネット証券会社が断然おすすめです。

はじめて証券口座開設をする方は、SBI証券楽天証券マネックス証券などの大手を選べば、間違いありません。

 

投資方法③:メタバース関連の仮想通貨を取引する

コインチェック取扱銘柄

3つ目は、メタバース関連銘柄と呼ばれる仮想通貨に投資をする方法です。

 

メタバース関連銘柄とは、おもにメタバースのサービス(プラットフォーム/ゲーム)の開発・支援を行うブロックチェーンネットワークで利用できる仮想通貨のことです。

そのネットワークで開発されたメタバースサービスが普及・拡大するに伴い、流通する仮想通貨の価値(値段)も上がるという訳です。

 

メタバースと関連の深い仮想通貨については、関連記事『メタバース関連の仮想通貨銘柄おすすめ11選|選び方のコツも解説』で詳しく説明しています。

投資先の検討に、ご活用ください。

 

メタバース市場の今後は?

「大きく成長する可能性が高い」と言い切ってよいでしょう。

 

その理由は、世界中の大企業が積極的に参入しているからです。

 

記事前半で触れた通り、旧・Facebook(フェイスブック)は社名を「Meta」(メタ / 正式名称:Meta platforms,Inc.)に変更してまでメタバース事業に注力する姿勢を示しています。

このほか、

メタバース事業に注力する世界企業

  • Microsoft
  • Amazon
  • Disney
  • NIKE
  • BMW

など誰もが知っている企業がメタバース分野への巨額投資やサービス開発を進めています。

 

日本企業でも、ソニーやバンダイナムコなど、大手企業がメタバース領域への投資を加速させています。

 

ニュース記事①:ソニー、フォートナイト運営会社に追加出資 「メタバース」で協業(朝日新聞デジタル)

SONY

(画像引用元:朝日新聞デジタル

ニュース記事②:バンダイナムコ、メタバースでファンド 30億円投資へ(日本経済新聞)

バンダイナムコ

(画像引用元:COINPOST

 

さらにはメタバースに注目するのは、企業だけではありません。

日本の経済産業省も、メタバースの可能性に強い関心を示しています。

経済産業省のメタバース関連調査レポート

(出典:経済産業省ウェブサイト

 

今後は、メタバース空間を開発する企業だけでなく、関連する機器やサービスを提供する周辺分野の産業も盛り上がることが期待できます。

こばん
今後は海外でも日本でも、メタバース市場が成長・拡大することは必至ですね!

 

以上が、メタバースに関するよくある質問と回答です。

 

さいごに

この記事では、メタバースをはじめる目的別に、必要なものや機材を整理してお伝えしました。

 

あなたの目的にあわせて、必要なものを選んでください。

メタバースをはじめる目的

  1. まずは体験してみたい
  2. 本格的に楽しみたい
  3. お金を稼ぎたい

※リンクをタップして本記事内の該当箇所に戻れます

 

「メタバース」(Metaverse)は2021年7月ころから注目を集めはじめ、いままさに「波が来ている」大注目の市場です。

Googleトレンドによるめ「メタバース」検索数推移

(参照元:Googleトレンド

 

ぜひこの波に乗り遅れないよう、あなたも1日も早くメタバースを体験してみてくださいね!

 

今回は以上です。

この記事が、あなたがメタバースを始めるきっかけになれば最上のよろこびです。

 

\ スマホで5分!無料登録できます /

【無料】コインチェックに登録

※上記ボタンより無料口座開設できます

※詳細はコインチェック公式サイトでも確認できます

 

あわせて読みたい

メタバースのやり方・始め方|はじめての方むけに徹底解説

続きを見る

メタバースでの稼ぎ方・副業8選|稼げるサービスと始め方も紹介

続きを見る

メタバース関連の仮想通貨銘柄一覧|選び方とおすすめ11選を紹介

続きを見る

NFTで稼ぐ方法|副業でもOK!投資・創作・ゲーム・メディアで稼げる仕組みを徹底解説

続きを見る

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)で稼ぐ方法|おすすめ最新ゲーム10選を紹介

続きを見る

\ この記事が気に入ったらフォロー /

  • この記事を書いた人

こばん

【経歴】横浜国大卒(小学校教員免許取得)▶︎食品会社に就職▶︎2021年3月より副業で当ブログの運営開始|NFT投資家 兼 コレクターでもある専門性を活かして、仮想通貨・NFT・メタバースに関する役立つ情報を発信中|平日は会社員をしながら副業でブログ運営する、妻と娘2人と東京で暮らす37歳男性です

-メタバース
-

© 2022 Crypto Begin