NFT

NFTの4つの弱点|NFTを始める人が知っておくべき注意点

NFTに弱点はないの?
NFTを始めるときの注意点を教えて!

というお悩みを解決します。

 

この記事では、

本記事でお伝えすること

  • NFTの4つの弱点
  • NFTの始め方

を解説します。

 

希少性が保証されたデジタルデータであるNFTは、価値が担保されているため、現実世界でお金と換金できます。

そのため投資対象としても魅力が高く、「NFT取引をはじめてみたい」と興味をもつ方が近年増えています。

 

しかし!!!

NFTは万全ではありません。

 

NFT取引にはリスクがあり、お金を損したり残念な気持ちにならないためには、いくつかの注意すべきことがあります。

 

この記事では、NFTの4つの弱点をお伝えします。

あらかじめ弱点を知っておけば、「こんなはずじゃなかった...」というNFT取引での失敗は避けられるはずです。

 

これからNFT取引をはじめてみたい方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね!

\ 今すぐ登録(完全無料) /

5分でコインチェックに登録

※NFT取引には仮想通貨口座が必要です

※口座登録は完全無料(一切お金はかかりません)

※最短5分で申込&翌日からNFT取引が開始できます

いまがチャンス!

コインチェック2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン

今だけコインチェックで口座開設&入金をすると、もれなく2,500円分のビットコインがもらえる得なキャンペーン中です!

予算使い切り次第終了する可能性のある「早い者勝ち」のキャンペーンです。

ビットコインをもらって得したい方は、お早めの口座開設をおすすめします。

こばん
キャンペーン条件の入金は、金額を問いません。

「1円」の入金でも「2,500円」分のビットコインが必ずもらえるので、本当にお得ですね。

>>>キャンペーンにエントリーする

※コインチェック公式サイトに移動します

※無料口座開設&入金で自動的にエントリー完了できます

 

NFTの4つの弱点

NFTの弱点のうち、おおきなものは以下4つです。

NFTの弱点

  1. 制作者の証明ができない
  2. 発行者はマーケットプレイス
  3. 唯一性を担保できない
  4. 人気を自作自演できる

 

NFTの弱点①:制作者の証明ができない

弱点の1つ目は、制作者の証明ができないことです。

 

NFTは、最初の出元(でもと)となるクリエイターが誰なのかを証明することができません。

そのため、公式なコミュニティから販売されたものも、勝手につくられたニセモノも、購入者からすると見分けがつきません。

 

NFT作品は、コピーを防ぐことができません。

ネット上にあるNFTの画像データは、だれでもコピペ(コピー&ペースト)やスクショ(スクリーンショット)ができるのです。

 

また、そのコピーしたデジタルデータを用いて、だれでもNFTを発行することもできてしまいます。

こばん
この「NFTを発行する」手続きを、「mint(ミント)する」と言いますね。

 

自由にコピーもmint(ミント/発行)もできてしまうので、コピーされた「パクリ作品」や「ニセモノ」が市場に出回る可能性があるのです。

 

NFTの弱点②:発行者はマーケットプレイス

弱点の2つ目は、NFT作品の発行者がNFTのマーケットプレイス(取引プラットフォーム)になる仕組みになっていることです。

 

NFTを新規発行するとき、コントラクトアドレスというコード(数字)が発行されます。

NFT発行時、このコントラクトアドレスの1番最初の保有者は、その発行手続きを行うマーケットプレイスになります。

 

OpenSea

たとえば、世界最大のNFTマーケットプレイス「OpenSea」でNFTを発行した場合、最初の保有者としてブロックチェーン上にコードが刻まれるのは「OpenSea」(の運営会社)です。

こばん
発行者は、「個人(あなた)」ではなく、「OpenSea」となるのですね。

 

万が一、OpenSeaがマーケットを閉じた場合、その作品の発行者にある権利はどうなるのか?という問題点をNFTは抱えています。

 

 

NFTの弱点③:唯一性を担保できない

弱点の3つ目は、唯一性を担保できないことです。

 

NFT作品自体は、個々にシリアルナンバーが振られ、世界でたった1つしかないという唯一性を証明できます。

しかし、同じ作品を異なる場所で売ることが可能なため、まったく同じNFT作品を複数の人が所有することができてしまうのです。

 

NFTの売り場に相当するのは、ブロックチェーンのネットワークです。

こばん
NFT取引では、イーサリアムやポリゴンがよく利用されますね。

【イーサリアム】

 

【ポリゴン】

 

1つの作品をイーサリアムとポリゴンの両方で出品できるので、「イーサリアムで買ったAさん」と「ポリゴンで買ったBさん」の2人ともが同じNFT作品を所有する現象が起こり得ます。

 

自分の買ったNFTが、必ずしも世界でたった1つではない可能性があることを覚えておきましょう。

こばん
出品者が1つのチェーンでしか販売していない場合は、その作品の唯一性は担保されます。

おおくの公式コミュニティ発の作品は1つのチェーンでのみ流通させ、唯一性を維持して、価値を高めるよう工夫していますね。

 

NFTの弱点④:人気を自作自演できる

弱点の4つ目は、人気を自作自演できることです。

 

NFTの取引履歴はすべて、ブロックチェーン上に記録され、その情報はオープンになっており誰でも見ることができます。

そのためウソやごまかしはできないように思われますが、実際はそうではありません。

 

なぜならオープンになっている情報は、あくまで「ウォレットアドレス」という数字の羅列でしかないからです。

こばん
「0x~~~~」という数字です。

これだけ見ても、誰のウォレットアドレスなのか判別できませんね。

 

1人の出品者が複数のウォレットアドレスを保有し、異なるウォレット間で売買を繰り返せば、その作品を「取引が活発な、人気のあるNFTだ!」と思わせることも可能です。

 

一見、人気があるように見えるものも、悪意ある出品者が値段を吊り上げるために「自作自演」をしている結果かもしれません。

よく注意しましょう。

 

以上が、おもなNFTの弱点4つです。

 

NFTの始め方

NFT取引を始めるのは、とてもかんたんです。

以下の3つのステップでOKです。

NFTの始め方

  1. コインチェック口座開設
  2. MetaMaskの導入と送金
  3. OpenSeaに登録

 

コインチェック国内最大手の取引所です。

またMetaMask(メタマスク)、OpenSea(オープンシー)はともに、世界中で圧倒的な利用者シェアNo.1のサービスです。

こばん
これからNFTを始める初心者の方なら、この3つのサービスを利用しておけば間違いありません。

 

コインチェック口座開設

NFT取引を始める第一歩は、仮想通貨口座の開設です。

 

NFT取引では、アート作品の出品・販売時の手数料も、作品の売却代金の受け取りも、すべて仮想通貨でやりとりするからです。

まだ仮想通貨口座を持っていない方は、必ず作ってください。

 

初心者なら、国内大手のコインチェックがおすすめです。

コインチェック

完全無料&最短5分程度で口座開設申請は完了します。

【無料】コインチェックに登録

※無料で口座開設できます

※最短5分で申請完了&翌日からNFT取引が開始できます

いまがチャンス!

コインチェック2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン

今だけコインチェックで口座開設&入金をすると、もれなく2,500円分のビットコインがもらえる得なキャンペーン中です!

ビットコインをもらって得したい方は、お早めの口座開設をおすすめします。

 

口座開設の流れは、関連記事『コインチェックで口座開設する手順(かんたん4ステップ)』で解説していますので参考にしてください。

【無料】コインチェックで口座開設する手順(かんたん4ステップ)

続きを見る

 

 

MetaMaskの導入と送金

メタマスク

MetaMask(メタマスク)は、ETH(イーサ/イーサリアム)の公式ウォレットです。

 

ウォレットはあなたの仮想通貨を保管・保全するために必須のツールです。

必ず導入(インストール)しておきましょう。

>>>Metamaskをインストールする

※無料でインストールできます

こばん
MetaMaskは、イーサリアムの他にも、ポリゴンなどOpenSeaで使える他のネットワーク通貨の管理もできます。

汎用性高く利用できますので、はじめにインストールしておきましょう。

 

OpenSeaに登録

OpenSea

OpenSeaのアカウント登録は、以下4つの手順で出来ます。

 

OpenSeaアカウント登録手順①:OpenSea公式サイトにアクセス

OpenSea公式サイトトップページ

まずは公式サイトにアクセスします。

>>>OpenSea公式サイトにアクセスする

 

トップページ右上の人影マークにカーソルを合わせ、「Settings」をクリックします。

OpenSeaのSettingsを選択

 

OpenSeaアカウント登録手順②:MetaMaskにサインイン

画面中央のキツネマーク「MetaMask」をクリックします。

右上に小ウィンドウが開くので、「接続」→「署名」の順にクリックします。

OpenSeaとMetaMaskを接続

 

OpenSeaアカウント登録手順③:基本情報を入力

基本情報画面に移りますので、必要事項を入力します。

OpenSeaに基本情報入力

 

入力事項

  • Username:名前
  • Bio:人物紹介、挨拶文
  • Email Address:メールアドレス
  • Links:SNSやサイトのアドレス

 

Bioは「Biography」(経歴、人物紹介などの意味)の略語です。

「I'm ○○○. Nice to meet you!」など、かんたんな挨拶分を入力すればOKです。

 

Linksは、Twitter、Instagram、サイト(ブログなど)の3つの欄が設けられていますが、空欄のままでも大丈夫です。

 

すべて入力したら、ページ下段の「Save」をクリックします。

 

OpenSeaアカウント登録手順④:メールアドレス有効化

先ほど入力したメールアドレスに、メールが届きます。

中央にある「VERIFY MY EMAIL」をクリックします。

OpenSeaメールアドレス有効化

 

以下の画面が表示されます。

OpenSeaアカウント登録完了

「Back to OpenSea」ボタンを押すと、サイトに戻れます。

 

これでOpenSeaのアカウント登録完了です。

こばん
これで世界最大のNFTマーケット「OpenSea」にアクセスする準備は整いました。

あとは好きな作品を探したり、自信作を売ってみてくださいね!

 

OpenSeaでNFTを「買いたい」方は、

関連記事『OpenSeaでNFTを買う方法|初心者むけに専門用語なしで解説』にお進みください。

NFTの買い方|OpenSeaでNFTを買う手順を初心者むけに解説

続きを見る

 

OpenSeaでNFTを「売りたい」方は、

関連記事『OpenSeaでNFTアートを出品・販売する方法|画像40枚を使って初心者むけに解説』にお進みください。

OpenSeaでNFTアートを出品・販売する方法|初心者でもかんたん!

続きを見る

 

参考

OpenSeaの登録・利用の方法は、関連記事『OpenSeaの始め方・使い方』でも解説しています。

こちらも参考にしてください。

OpenSeaの始め方・使い方(登録~出品・購入)【完全ガイド】

続きを見る

 

 

今回は以上です。

この記事が、あなたがNFTをはじめるきっかけになればうれしいです。

 

あわせて読みたい

NFTでお金を稼ぎたい方は、『NFTの稼ぎ方|代表的な3つの方法』をお読みください。

NFTの稼ぎ方|始め方から稼ぐコツまで徹底解説【初心者むけ】

続きを見る

 

また、NFT取引に必要な知識は、

NFTを始める初期費用|ガス代と手数料の目安金額は?

続きを見る

NFTが売れない5つの理由|失敗確率を下げる7つのコツを大公開

続きを見る

が参考になります。

\ この記事が気に入ったらフォロー /

コインチェック
  • この記事を書いた人

こばん

【経歴】横浜国大卒(小学校教員免許取得)▶︎FP3級、簿記2級取得▶︎株や仮想通貨など金融投資歴は15年以上|お金の専門知識を小学生にもわかるようやさしく解説するのが特技|妻と娘2人と東京で暮らす37歳の副業サラリーマンです

-NFT
-, ,

© 2022 Crypto Begin