仮想通貨

ビットコインの使い方|仮想通貨の使い道を5つ解説

ビットコイン投資に興味があって、投資してみたい。

でも投資で利益が出たあと、どんな使い道があるんだろう?

以前から保有していたコインが値上がりしてきた。

現金化する以外にも、お得な使い方があれば知りたい。

こんなお悩みを解決します。

 

この記事では、ビットコイン(仮想通貨)の使い方を5つを紹介します。

具体的な利用シーンを用いて解説しますので、この記事を読めば、ビットコインを実生活で使う方法がすべて理解できます

 

すでにビットコイン(仮想通貨)に投資している方も、これから投資をはじめたいと思っている方も、

必ず知っておくべき内容です。ぜひ最後までお読みください。

 

ビットコイン・仮想通貨の使い方(5つ)

ビットコインをはじめとする仮想通貨のおもな使い道は、以下の5つです。

  1. 現金化
  2. 実店舗で買い物
  3. ネットショップで買い物
  4. 公共料金支払い
  5. 他人に送金

このあと1つずつ、くわしく解説します。

 

現金化

ビットコインATMで現金化

(画像引用元:coindesk Japan

ビットコインなどの仮想通貨は、仮想通貨の取引所や販売所で売却することで現金化できます。

円やドルなど、さまざまな法定通貨に替えて、日常の買い物などにお使いいただけます。

 

海外ではビットコインATMの設置が進んでいます。

このATMを利用すれば、ビットコイン保有者はその場で現金として引き出すことができます。

 

実店舗で買い物

ビットコインでの支払いに対応している実店舗では、買い物の決済(支払い)にビットコインを使用できます。

 

日本では、大手家電量販店のビックカメラなどが、ビットコイン支払いに対応しています。

※ビックカメラでは、実店舗でもネットショップ(ビックカメラ.com)でも、どちらでもビットコイン支払い可能です。

ビットコイン決済可能のビックカメラ

(画像引用元:ビックカメラ公式サイト

ビットフライヤーの口座とスマホアプリがあれば、ビックカメラでのお買い物でビットコイン払いができます。

>>>無料でビットフライヤーに登録

※口座開設は完全無料です

※最短10分程度で登録申請でき、最速で今日から使えます

参考

ビットフライヤーの新規登録(口座開設)の手順は、以下の記事を参考にしてください、

ビットコイン投資の始め方|ビットフライヤーの口座開設手順【最速でやるコツも紹介】

続きを見る

 

この他にも、ソフマップやメガネスーパー、DMMグループなどの大手でも徐々に対応企業は増えています。

しかし日本では、ビットコインが使える実店舗はまだまだ少ないのが現状です。

 

今後ビットコイン支払い対応の実店舗が増えると、より生活が便利になるでしょう。

こばん
日本国内のビットコイン支払いができるお店は、Bitcoin日本語情報サイト(外部サイト)で確認できます。

お近くのお店がビットコイン支払いに対応しているか調べられます。

 

ネットショップで買い物

Bitcoinmall

(画像引用元:Bitcoinmall公式サイト

 

仮想通貨での決済が可能なネットショップも、世界的には増加傾向です。

 

ビットコイン決済に対応しているネットショップには、Bitcoinmallやcryptomallなどが挙げられます。

これらのショップでは、生活雑貨や日用品、おもちゃ、アパレル用品、ブランド小物など品揃えも豊富です。

 

仮想通貨のレートによっては、日本円などの法定通貨で決済するより大幅に安く購入できることもあります。

賢く使えば、とても得です。

 

【参考記事】cryptomallでは、仮想通貨でブランド物(時計、かばん等)を購入できます。

1分でわかる!クリプトモールは怪しい?が誤解である2つの理由

続きを見る

 

公共料金支払い

コインチェックでんき

公共料金の支払いにも、ビットコインが対応しているケースがあります

 

金融庁登録済の仮想通貨取引所Coincheckは、「Coincheckでんき」と「Coincheckガス」というサービスを実施しています。

ビットコインで電気代やガス代を支払うことで、電気代が約1~7%程度、ガス代が3%程度割引されることがメリットです。

また、現金などで電気代を支払った場合には、毎月の電気料金の約1~7%分のビットコインがCoincheckウォレットに貯まるシステムもあります。

>>>無料でコインチェックで口座開設する

※口座開設は完全無料です

※最短5分で申請完了、翌日から取引できます

※口座開設後も入金しない限り、一切お金はかかりません

※国内仮想通貨取引アプリダウンロード数 3年連続No.1

※以下のボタンからダウンロードできます

コインチェック-ビットコイン(btc)リップル ウォレット

コインチェック-ビットコイン(btc)リップル ウォレット

Coincheck, Inc.無料posted withアプリーチ

 

他人に送金

ビットコイン送金

ビットコインは、ツールを通して他人に送金することが可能です。

 

ビットコインで給料を支払っている企業も、少しずつ世界的には増えている傾向です。

とくに仮想通貨の特徴のひとつは、海外送金の早さと安さです。

そのため、国をまたいだ雇用主と従業員との金銭のやりとりや、フリーランス同士や企業間での海外送金に、ビットコインなど仮想通貨が利用される未来も近い将来あり得るでしょう。

 

また、この送金機能をもっと身近に使える場面もあります。

Twitter社は2021年9月より、「Tips(投げ銭)」機能のサービスを日本でスタートさせました。

この機能を使うと、気に入った相手に気軽に「チップ」としてビットコインを送金できます。

逆に、受け取ることもできますので、SNSを使った新しいマネタイズ手法としても注目されます。

 

Twitterでのビットコイン受け取りには事前設定が必要です。

下記の記事で、手順を画像付きで解説しています。30秒で終わるので、済ませておきましょう。

Twitterでビットコイン投げ銭を受け取る方法【最速30秒】

続きを見る

 

さいごに

扉(入口と出口)

ビットコインなどの仮想通貨は投資(または投機)のために買われることの多く、投資である以上は、いつかは必ず利益確定という「出口」をむかえます。

その「出口」の選択肢をしっかり理解しておくことは、投資をする行為(=入口)に立つときの安心感につながります。

 

この記事で解説したビットコインや仮想通貨の使い方とは、投資の「出口」に当たります。

ここまで読んでくれた読者の方は、もう十分に投資の「出口」を理解したのです。

自信を持って、投資の「入口」に立ってください。

 

ビットコインや仮想通貨の購入には、専用の口座が必要です。

まだ登録していない方は今すぐ申請して、「入口」に立ちましょう。

無料で口座開設できます。

>>>無料でコインチェックで口座開設する

※口座開設は完全無料です

※最短5分で申請完了、翌日から取引できます

 

今回は以上です。

この記事が、あなたの投資生活や人生を豊かにするきっかけになればうれしいです。

 

あわせて読みたい①

仮想通貨・ビットコイン取引所の選び方|おすすめ12社ランキング

続きを見る

 

あわせて読みたい②

仮想通貨の現金化、決済(買い物)をした場合、利益に対して税金がかかる場合があります。

しっかり知識を身につけ、税金支払いに困らないようにしましょう。

ビットコイン/仮想通貨の税金|確定申告の仕組みとやり方【サラリーマン向け】

続きを見る

\ この記事が気に入ったらフォロー /

 

コインチェック
  • この記事を書いた人

こばん

【経歴】横浜国大卒(小学校教員免許取得)▶︎FP3級、簿記2級取得▶︎株や仮想通貨など金融投資歴は15年以上|お金の専門知識を小学生にもわかるようやさしく解説するのが特技|妻と娘2人と東京で暮らす37歳の副業サラリーマンです

-仮想通貨
-

© 2022 Crypto Begin