マネーリテラシー

読みやすい文章を書くコツ3選|Webライティング初心者むけ

読みやすい文章を書くには、どうすれば良いの?
すぐに使えるコツやテクニックを教えてほしい。

こんな悩みを解決します。

 

この記事では、Webライティング初心者むけに、読みやすい文章を書くコツ3選を紹介します。

どれも今日からすぐに実践できることばかりです。

この記事を読んだあとは、ぜひ実際にやってみてください。

 

ブロガー、Webライターなど、読みやすい文章を書きたい全ての方に役立つ内容です。

さいごまで読んでみてください。

 

【Webライティング初心者むけ】読みやすい文章を書くコツ3選

読みやすい文章を書けるようになるコツは、以下の3つです。

読みやすい文章を書くコツ3選

  1. 添削してもらう
  2. 写経する
  3. 推敲する

この3つを繰り返し練習することで、必ずライティングスキルは向上します。

そして読みやすい文章が書けるようになります。

 

添削してもらう

1つ目は、自分の文章を他の誰かに添削してもらうことです。

 

自分の文章の「悪いクセ」や「下手な部分」には、自分自身では気づきにくいものです。

しかし他人であれば、違和感や不都合にすぐに気づいてくれます。

他人の目でチェックしてもらうと、読みづらい部分が浮き彫りになり、修正すべき箇所が見つけやすいのです。

 

添削してもらう方法は、以下の3つがおすすめです。

 

パートナーや家族に添削してもらう

まずはパートナー(配偶者や彼氏・彼女)や家族です。

 

メリットは何といっても「無料」でできることです。

 

一方でデメリットは、気恥ずかしさからくる抵抗感でしょう。

  • 身近な人に自分の文章を読まれる恥ずかしさ
  • 身近な人からダメ出しされるかも?という恐怖感

は大きいと思います。

 

こんな気兼ねなく添削をお願いできる相手がいるあなたは、ラッキーです。

さっそく試しに添削をお願いしてみましょう。

 

仕事の相手先に添削してもらう

つぎは、仕事の相手先です。

Webライティング等の文章を書く仕事を単発で受注して、納品の際にチェックしてもらうのです。

 

メリットは、厳しい目でチェックしてもらえる点です。

相手もお金を払って仕事を依頼している以上、成果物には高い品質を求めますので、バンバン赤ペンで修正されます。

ライターにとっては、とても鍛えられる環境だといえます。

 

デメリットは、相手の期待に応えられなければ、次の仕事がなくなることです。

低品質な記事しか書けないと、相手から仕事をもらえなくなるおそれがあります。

 

このような仕事を単発で請け負うには、クラウドソーシングサービスを利用してください。

仕事を探しから受注、納品まで、全てネット上で完結するのでお手軽です。

サービス提供会社はたくさんありますが、まずは最大手に登録しておけば間違いありません。

>>>無料でクラウドワークスに登録する

 

なお同様の効果は、会社に就職することでも得られます。

Webライティング業務をする会社で働けば、お給料をもらいながら、上司や得意先に文章の添削・指導をしてもらえるのです。

お金とライティングスキルを両方得られて、一石二鳥です。

 

第三者に添削してもらう

さいごは、第三者です。

具体的には、スキルを持った方をネット上で探して、添削をお願いするのです。

 

メリットは、必要なときだけ単発でお願いできることです。

何度か添削をお願いしてみて、「もう十分かな?」と思ったら、すぐにやめられます。

 

デメリットは、その都度、多少のお金がかかることです。

とはいえ、1回の費用は1,000~2,000円程度が相場です。気軽に依頼できます。

 

第三者に添削を依頼するなら、日本最大のスキルマーケット「ココナラ」が便利です。

coconala(ココナラ)

 

ココナラで「添削 文章」などと入力して検索すれば、以下のように多数の添削の専門家がヒットします。

ココナラの「添削 文章」検索結果画面

また、あらかじめライティング関連のカテゴリー設定がされているのも便利です。

ココナラでは文章関連のカテゴリー設定がある

ココナラのカテゴリー設定(一例)

  • 文章の書き方・アドバイス
  • 文章校正・編集・リライト
  • コピーライティング
  • 記事・Webコンテンツ

などテーマが細分化されているので依頼先の相手を探しやすいです。

案件も豊富なので、一度、公式サイトをのぞいてみると良いです。

>>>無料でココナラに登録して依頼先を探す

写経する

2つ目は、写経(しゃきょう)することです。

 

写経とは、般若心経などのお経を書き写すことです。

これと同様に、他人の文章を書き写すトレーニングをすることで、読みやすい文章が書けるようになります。

 

まずはあなたが「この人の文章って、読みやすい!」と感じる人を思い浮かべてください。

好きな本の著者でも、よく読むブログを書いているブロガーさんでもよいです。

その人の著書やWebサイトの記事を、写経のお手本にしましょう。

 

本ならば最低でも30~50ページ、Web記事なら3~5記事ほどが目安です。

一字一句間違えず、書き写してみてください。Webライティングなら紙と鉛筆でなく、PCやスマホでタイピングすればOKです。

きっと、

  • 句読点の数や位置
  • 括弧の使い方
  • 文章のリズム
  • 改行の位置、頻度

などが自分の文章とは異なることに気づくはずです。

そこが、読みやすい or 読みにくい文章を分けるポイントです。

 

写経することで、文章がうまい人の細かなテクニックに気づけます

それをマネすることで、あなたの文章もグッと読みやすくなるのです。

 

推敲する

さいごの3つ目は、推敲することです。

 

推敲とは、字句や表現を何度も練り直すことです。

一度書き終えた文章を何度も読み返して、微修正を加えて完成度を高めるイメージです。

 

このときおすすめなのは、「複数の媒体で見てみる」ことです。

たとえば、

  • PC画面で見る
  • スマホ画面で見る
  • タブレット画面で見る
  • 音声読み上げ機能を使って聞く

といった方法です。

 

文章を書いたときと異なる媒体を通して読むと、同じ文章のはずが全く異なる文章に思えます。

そして、書いていたときには気づけなかった「読みづらいポイント」を発見できます。

 

毎回すべての媒体でチェックする時間も手間もないでしょう。

まずは「PCで文章を書いたら、スマホでも読んでみる」だけから始めてみてください

 

さいごに(あとはコツコツ書く訓練するのみ!)

この記事では、Webライティング初心者が読みやすい文章を書けるようになるコツ3選をお伝えしました。

読みやすい文章を書くコツ3選

  1. 添削してもらう
  2. 写経する
  3. 推敲する

どれも今日から実践できるものばかりです。

 

ライティングスキルは学習と実践(訓練)を繰り返すことで初めて上達します。

この記事を読んで上達するためのコツを知ったあなたは、あとは実践あるのみです。

 

毎日記事を書いて、コツコツ努力していきましょう。

必ずあなたのライティングスキルは上がり、読みやすい文章が書けるようになります。

 

今回は以上です。

この記事があなたのブログ運営に、少しでも役立てばうれしいです。

\ この記事が気に入ったらフォロー /

あわせて読みたい①(Webライティングを学べるおすすめ本)

Webライティングを学べる本おすすめ7冊|初心者はこれだけでOK

続きを見る

あわせて読みたい②(初心者でもプロ級の文章が書けるコツ)

最後まで読まれる文章の書き方|初心者でもプロ級の記事が書ける9つのコツ

続きを見る

 

コインチェック
  • この記事を書いた人

こばん

【経歴】横浜国大卒(小学校教員免許取得)▶︎食品会社に就職▶︎2021年3月より副業で当ブログの運営開始|NFT投資家 兼 コレクターでもある専門性を活かして、仮想通貨・NFT・メタバースに関する役立つ情報を発信中|平日は会社員をしながら副業でブログ運営する、妻と娘2人と東京で暮らす37歳男性です

-マネーリテラシー
-

© 2022 Crypto Begin